**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp
2006年 11月
--日(--)
30日(木)
29日(水)
28日(火)
18日(土)
17日(金)
15日(水)
13日(月)
10日(金)
08日(水)
07日(火)
06日(月)
05日(日)
10 | 2006/11 | 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

春日大社・錦の参道

Mg_0816.jpg

朱塗りの本殿に紅葉

   G_0808.jpg

今年のサライに載っていた写真をまねっこ(笑)
でもぜんぜん違うよ~(あたりまえだけど)

   Mg_0793.jpg

楓の赤、銀杏の黄色
石段にも錦の絨毯です。

   G_0812.jpg


明日はもう師走
さあ、走るぞー!

スポンサーサイト
20:50 | 奈良を楽しむ | edit | page top↑

銀杏の下で

10012501004.jpg

広い奈良公園の中でも好きな場所のひとつ
ふかふかに積もった銀杏の葉っぱ

毎年 この銀杏が散ってしまうと、急に心細くなってしまうのはなぜ?
樹齢何年だろう?

この古木が見てきたのは、鹿の群れが遊び
たくさんの観光客が訪れる平和な光景だけではないはず。

   Mg_0737.jpg

「木の上に立って見る」
親という字は本当によくできている。 

静かに見守る・・・それがどんなに難しく、辛いことか
親にとっても正念場・・・なのだ。

21:16 | 季節をかんじて | edit | page top↑

秋を司る女神

Mg_0716.jpg

お友達と奈良県庁の屋上へ上ってきました。
錦織り成す春日の山々が、すぐ目の前に

平城京の西に位置し、紅葉の名所として 多くの万葉人が歌に詠んだ「竜田山」
そこに住んでいる竜田姫は、染色と織物が得意な女神です。

秋の季語にもなっている竜田姫
その技によって織り成された色彩をまとう山々の景色は
竜田姫からの贈り物かもしれません。

Img_0735.jpg

錦に染め上げられた山もきれいだけど
溝の中も、とってもきれい(笑)
21:25 | 奈良を楽しむ | edit | page top↑

東大寺の紅葉

10012179550.jpg

楓も真っ赤に色づきました。

10012179552.jpg


10012179547.jpg

奈良もグッと冷え込んできました。

ちょっと無理して東大寺の紅葉を見に行ったら、風邪をひいてしまいました。
お腹にくる風邪、ちょっとつらいです。

10012179545.jpg


21:43 | 奈良を楽しむ | edit | page top↑

浄瑠璃寺

Mg_0554.jpg

ひさしぶりにお会いするお友達が、奈良に遊びに来てくれました。
まずは当尾の里へ

奈良市内から北へ10分ほど車で走ると、そこはもう京都府内
当尾の里は京都にありながら奈良に近いため、
どこかのんびりとした時間の流れと
自然なるがままの素朴な田舎の風景が広がっています。

Mg_0552.jpg

当尾の里にある浄瑠璃寺
浄瑠璃寺の伽藍は、藥師如来をまつる東方三重塔と、西方九体阿弥陀如来像を安置する本堂が、池をはさんで東と西に向かいあって建てられています。

現実の苦悩を救い西方浄土へ送り出してくださる藥師如来さま、そして西方浄土で阿弥陀様が迎えてくれる・・・お寺全体が極楽浄土の世界を表しているのだそうです。

阿弥陀様ばかりが九体ずらりと並んだ本堂
中心の大きな阿弥陀如来はじめ九体の阿弥陀様すべてのお顔が違います。
極楽浄土には生前の行いによって九つのランクがあるとされて
九種類の阿弥陀様が揃うと、
どのランクの人も必ず救われると人々に信じられていました。

今日は「秘仏・吉祥天女像」も開扉されていました。
何度か訪れた浄瑠璃寺ですが、吉祥天像に御目にかかるのははじめて。
ふくよかな顔立ちと切れ長の目、色白の肌に赤い唇、
そのなまめかしい美しさに少々とまどってしまいます。

浄瑠璃寺を出た後、すぐ近くにあるクローバー牧場へ
すっかり牛さんと仲良くなったお友達 牛ってこんなになつくのね(笑)

Img_0563kuro-ba-.jpg

奈良市内にもどり東大寺境内をお散歩

Img_0496nodate2.jpg

大仏池のほとりで、ささやかな野点茶会を。

Img_0524nodate1.jpg

Img_0494nodate2.jpg

たくさんおしゃべりをして、たくさん笑って・・・また遊びにきてね♪

21:56 | 奈良を楽しむ | edit | page top↑

斑鳩の里 法隆寺

Mg_0531.jpg

世界最古の木造建築として飛鳥時代の姿を現在に伝える法隆寺
聖徳太子が建立され、1400年の歴史の重みを感じるこの寺院は
仏教美術の宝庫として
1993年 ユネスコ世界文化遺産に日本ではじめて登録されました。

日本の仏教文化が花開いた、ここ斑鳩の地
奈良の他のお寺とはまた違う独特な雰囲気

Mg_0533.jpg

金堂の釈迦三尊像、金堂内陣の飛天の壁画
中門から回廊に続くエンタシスの柱、我が国最古の五重塔

Mg_0532.jpg


     Mg_0534.jpg

   
そしていまだ謎の多い百済観音様
この百済観音様にはじめてお会いしたのは 中学生の修学旅行の時
今のような立派なお堂はなく、
手の届くようなの近くでそのお姿を拝むことができました。

八頭身のすらりとしたお姿は、中学生の私でも強く印象に残っていて
「私も百済観音さまのように細くなりますように・・・」などと
子供らしいお願いをしたことを覚えています。

東院伽藍、夢殿の救世観音像
もう日が傾きかけていたため
網越しで見る暗いお堂の中の救世観音様のお姿はほんのわずかしか見えませんが
不思議な微笑みが、そこにはありました。

G_0540.jpg


西の空に沈む夕日、金色に照らされた桜葉
斑鳩の秋が暮れていきます。

16:18 | 奈良の御寺・御社 | edit | page top↑

ちょっと、寄り道♪

秋色の大仏池

Mg_0498.jpg


Mg_0525.jpg


mg_0500.jpg

「ちょっと、そこまで・・・」
すぐそこに、この景色があるしあわせ。

mg_0502.jpg


21:58 | 奈良を楽しむ | edit | page top↑

余白の美~松伯美術館

    10011910498_s.jpg

奈良市西部にある松伯美術館

気品ある格調高い女性像を描き、
女性として初めての文化勲章を受章した上村松園氏
近代的造形、色彩感覚を取り入れた花鳥画で知られる上村松篁氏
花鳥画の新しい展開を求めて研鑽を重ね、
現在松伯美術館の館長でいらっしゃる上村淳之氏

親子三代にわたる作品を収蔵する松伯美術館で
いま『余白の美』という展覧会が開かれています。

心の内を見つめ、作者が象徴的に表現しようとした美の本質が凝縮されている余白
目に見えない空間に美を見出す・・・日本独特な精神性の高い美意識だと思いませんか。

余白の中に流れる静かな時間がなんとも心地よく
時間の過ぎるのさえ忘れてしまいそう。

そしていつも注目するのが、松園氏の作品の表装の美しさ
図録では見ることのできないこの脇役の果たす力の大きさを 
目の当たりにできるのは展覧会ならではの楽しみです。

   10011910497.jpg

20:26 | 博物館・美術館 | edit | page top↑

朝の浮見堂

11月の呼び名のひとつですが、霜月はこの霜降り月を省略したものだとか。
奈良はこの秋一番の冷え込みになり、初霜を観察しました。
飛火野で芝をはむ鹿さんの息も白く、冬の足音も聞こえてくるようです。

今朝の浮見堂

Mg_0476.jpg

正倉院展 開催中の奈良は、連日たくさんのお客様で賑わっていますが、
さすがに朝7時はまだ静か・・・と思ったら、奈良国立博物館前には
もう並んでいる人が。朝7時ですよ、早ーいっ!!
22:08 | 奈良を楽しむ | edit | page top↑

立冬の朝

今朝、バタバタと雨戸を揺らす 強い風の音で目をさましました。
霜月とは名ばかりの暖かい日が続いているので、冬の訪れなどまだまだ先・・・と
気にもとめなかったのですが、気がつくと今日は立冬。

この強い風が今年の“木枯らし1号”
Mg_0442.jpg

ふくからに身にぞしみける君はさは我をや秋の凩の風 (八条院高倉[新勅撰])

秋の終わりから冬の初めにかけて吹く強い風を木枯らしといいますが、
木を枯らしてしまう風という意味で、「木嵐」(こあらし)が語源だという説もあるそうです。

色づきはじめたナンキンハゼの葉も、この強い風に散らされて
赤い絨毯を敷き詰めたようです。




22:16 | 奈良を楽しむ | edit | page top↑

興福寺・国宝特別公開 2006

天気予報では「雨のち曇り」だったはずなのに、
今日もとってもよいお天気。

午前中、畑でしっかり働いて(?)午後から、
興福寺 さんの国宝特別公開へ行ってきました。

koufukuji.jpg

興福寺は南都七大寺のひとつで、法相宗の大本山です。
平重衡による南都焼き討ち、その後も大火により大きな被害をうけ
さらに明治初期の廃仏毀釈により一時は、無住の寺となりました。
創建当初の伽藍を復興すべく現在整備が進められています。

今回の特別公開では北円堂、仮金堂、三重塔初層
そして国宝館の4ヶ所拝観ができます。

一度、お会いしたかった
北円堂の国宝 木造無著・世親立像(もくぞうむちゃく・せしんりゅうぞう)
我が国 肖像彫刻の中で最高傑作と賞される、運慶作の菩薩像です。

三重塔、仮金堂をまわり最後に国宝館へ
阿修羅像にお会いするのは、何年ぶりでしょう。
三面六臂の超人的な姿に少年のような顔立ち
やはり魅力的な阿修羅像です。

「阿修羅の後ろってどうなっているんやろ?」

そうそう、わたし阿修羅の写真集持っていましたよん^^

ashura.jpg

(毎日新聞社 魅惑の仏像1 阿修羅 より)

はい、こんなカンジ。。。

興福寺・・・あまりにも近くにあって、
その素晴らしさに気づかなかったことがたくさんありました。

朝夕聞こえてくる興福寺の鐘の音も、
明日からまた違った響きに聞こえるかもしれません。

12:50 | 奈良の御寺・御社 | edit | page top↑

展覧会ふたつ

お天気に恵まれた3連休。

高校、中学の子供がいる我家では、部活の試合だの模擬試験だのと、日曜祭日は平日より早く出かける子供達のため 母は5時半起きでお弁当作り。あー、母もお休みがほしい・・・涙。

せっかくの休日、お天気もいいし子供達もいないし、くろやぎさんとおでかけ!

まずは「えにし-上司永慶・谷井芳山 ふたり展」




陶芸家 谷井芳山 さんは子供の頃、東大寺整肢園で当時東大寺福祉事業団常任理事だった上司永慶師(のち東大寺第215世別当)から指導を受けたことをきっかけに陶芸家としての道を志ました。

現在信楽にて「谷寛窯」の三代目を継承し、活躍されています。

今回 思いでの地で、師の生前からの約束だったという作品展を開かれました。

上司永慶師の書と陶芸のすばらしさは前々からお聞きしていましたが、今回その作品を間近で拝見することができ本当に感激しました。

谷井氏のおおらかであたたかい作品。やはり永慶師から学んだ数々の教えが谷井さんの作品に息づいているのでしょう。力強さと優しさの溢れるすてきな作品ばかりです。



そして、奈良県立美術館で開かれている特別展『応挙と芦雪』





“人物や自然、動物をありのままに写して生命感や気を吹き込む「写生画」を確立した天才・円山応挙・・・・一方、その高弟ながら師と異なる奇抜な着想と大胆な構図、表現で個性あふれる作品を生み、奇才と呼ばれる長沢芦雪(パンフレットより)”




画風もその生き方も対照的な師弟の代表作が、前・後期に分けて紹介されるこの展覧会。今日は前期の最終日。いやー、間に合ってよかった!

人物・花鳥動物・山水と、どれをとっても個性的で迫力ある作品ばかり。

「紅梅鶴図」「薔薇文鳥図」など、応挙の繊細で計算尽くされた完璧な作品は期待どおりでしたが、それ以上に芦雪の「奇想の画家」といわれる個性的な作品にすっかり魅せられてしまいました。

「虎図」(国指定重文)は想像をはるかに超える迫力!でも虎でありながら意識的に猫の表情に似せて、親しみを感じるように描かれているというこの襖絵。お寺の襖絵によく描かれる虎図ですが、この絵は他とはまったく違う虎図です。今までに見た虎さんの中で一番好きかも^^

応挙、芦雪ともに「狗子図」を描いていますが、そのどちらも愛らしく思わず微笑んでしまいます。そうそう芦雪の「牛図」紙からはみ出す大胆な構図で一瞬ひるんでしまいますが、黒い牛の大きな体に 青い真ん丸い目がどこかユーモラス。

思っていた以上にすばらしかった前期の展示。

それにしても、すぐそばで正倉院展が開催されているというのに、この「応挙と芦雪」展は思った以上にひとが少ないです。こんなにすばらしいのに、もったいない。宣伝不足かなあ?まあゆっくり鑑賞できて、私達はうれしかったけど。

きっと京都で開かれていたら、連日ながーい行列ができると思うんだけどなぁ・・・。

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

『応挙と芦雪』

2006年10月7日(土)-12月3日(日)

前期10月7日~11月5日・後期11月7日~12月3日

奈良県立美術館

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

今日のおまけ


渋滞に巻き込まれているTheAlfeeのトラック。

なんで奈良公園のど真ん中にいるんだろう?笑







23:28 | 博物館・美術館 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。