**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp
2006年 12月
--日(--)
30日(土)
27日(水)
22日(金)
20日(水)
16日(土)
14日(木)
13日(水)
11日(月)
10日(日)
02日(土)
11 | 2006/12 | 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

年の瀬

年神様をお迎えする準備もととのいました。
今年 ご縁をいただいたお軸を掛けて
お正月の花あしらい 松を主役にきりっと生けます。

おせちの準備の前に、いつものお寺にお参り

10013751766_s.jpg

こちらでも新年の準備がすっかり整っていました。

10013751479.jpg

おだやかな年の瀬
皆様どうぞ、よいお年をお迎えください。


スポンサーサイト
21:38 | 季節をかんじて | edit | page top↑

アップルパイ

appurupai.jpg

実家の母がたくさんりんごを送ってくれました^^
そこで今日のおやつは“りんごのタルト”

appurupai2.jpg

アップルパイやタルト、焼きりんごを作っている時って
家中りんごの香りいっぱい!
すごくしあわせな気持ち。

08:39 | 小さな食卓から | edit | page top↑

散華カレンダー

今日は冬至 うちでも晩ご飯に南瓜を頂きました^^
今年もあと十日。まだクリスマスがありますが、
それより主婦にとっては年末年始の準備が気になります。
あれも、これもと気ぜわしく、いくら時間があっても足りません。

「窓ガラスきれいじゃない?今年はやならくてもいいんじゃん」
そっと悪魔がささやきますが
毎年やっていることを今年やらないと、バチがあたりそう(^_^;)
よし、がんばるのだ!

sanngekarennd1.jpg

さてお部屋がきれいになったら壁にかけようと思っている来年のカレンダー
ひとつは定番 「○都銀行」のカレンダー

今年は本松進一氏の「東大寺二月堂裏参道」の絵
すごく素敵です♪そしてもうひとつ

杉本健吉画伯の「散華カレンダー」
奈良国立博物館のミュージアムショップで買いました。

杉本健吉画伯は、東大寺、藥師寺さんの散華の原画を
たくさん手がけていらっしゃいます。

東大寺大仏殿の昭和大修理の落慶法要や
南大門の仁王さんの大修理の落慶法要の散華など
もう絶対手に入らない散華が実物大でのっているんです!

2002年の東大寺大仏開眼1250年の法要には、杉本画伯が原画をかかれて
吉岡幸雄氏が制作された「幡」が寄贈されました。
天上から散華が舞い降るかのごとく散りばめられた美しい「華厳幡」
素朴であたたかい画風 杉本画伯の描かれる仏様は
とてもやさしいお顔をしています。

     sanngekarennda2.jpg

さっ、はやく大掃除すませてカレンダー飾りましょ^^

00:00 | お気に入り | edit | page top↑

X’mas Wreath

  10013136535.jpg

イタリア好きのお友達へ送った“オリーブ”のリース
ただオリーブの枝をくるっと巻いただけのシンプルなリースです。
クールな彼女のイメージ(笑)にあわせて・・・でもシンプルすぎたかしら?

和風のお玄関にあう“クリスマスリース”・・・というリクエストで作ったのがこれ。

  10013318613.jpg

そして我家の今年のクリスマスリースはこんなの。

  10013318614.jpg

りんごなんかつけちゃって、
私にしては“らぶりぃ”です(*^.^*)

子供達が小さかった頃は、クリスマスは大イベントだったので(過去形!)
かわいいものいっぱい作っていたんです。

年々シンプルに変化してきました。
去年なんてヒバとユーカリ、ローズマリー、ちょこっとサンキライだけ
(手抜きぢゃないよ、笑)

そして今日は、クリスマス会 その1
の予定でしたが、子やぎちゃん昨日から風邪でダウン!熱39・3度。
ノロウイルスでもインフルエンザでもない普通の風邪?・・・らしいです。


00:00 | 季節をかんじて | edit | page top↑

東大寺 開山忌

   Mg_1025.jpg

東大寺二月堂下のにある「開山堂」
東大寺の創建に尽力し、
東大寺初代の別当(住職)になられた良弁(ろうべん)僧正をおまつりしたお堂で
その内陣中央の厨子に国宝良弁僧正坐像 が安置されています。

良弁僧正のご命日にあたる今日、その遺徳をしのぶ法要が営まれ
普段非公開の開山堂と良弁僧正坐像が特別公開されました。

Mg_1033.jpg

実はわたしはこの国宝・良弁僧正坐像を拝見するのはじめて。
真一文字に結んだ口、しっかりと前を見据えた きびしい表情をしておられます。

開山堂には奈良の三名椿のひとつ「糊こぼし」が植えられています。
良弁さんのお堂にあることから「良弁椿」ともよばれ、
二月堂お水取りの時 内陣内を荘厳する造花はこの椿を模しています。

この椿の咲くのは3月中旬過ぎ。
残念ながら開山堂は12月16日以外は非公開なので
いつも四月堂からのぞかせて頂いているわたし^^

さて、今日は法華堂(三月堂)にある、良弁僧正の念持仏だったという
「執金剛神立像」 も特別公開されました。

執金剛神立像は長い間秘仏でしたので、今も奈良時代の彩色が
鮮やかに残っているすばらしい像です。

法華堂はご本尊 不空羂索観音(ふくうけんさくかんのん)はじめ日光菩薩・月光菩薩、
金剛力士像、四天王、梵天像、帝釈天像など仏像のスーパースター勢ぞろいのお堂です。

執金剛神立像はご本尊 不空羂索観音の後の厨子安置されていますので、
特別公開のこの日は普段通ることのできない、内陣のまわりを通ることができ

日光・月光菩薩のお姿も横から拝見することができるのです。

+ + + + + + + + + + + + +

   Mg_1044.jpg

初冬の奈良 仲良しのお友達とたのしいお堂めぐりの一日でした。
さくらこちゃん、お待たせ~♪

13:56 | 奈良の御寺・御社 | edit | page top↑

東大寺 仏名会

朝、今にも泣き出しそうな空を見上げながら、東大寺二月堂へと急ぎました。

Mg_1006.jpg

二月堂で行われる「仏名会」(ぶつみょうえ)
過去現在未来の三千仏を唱え、
1年間に犯した罪を懺悔する法要です。

ひまもなく散るもみぢ葉に埋もれて庭のけしきも冬ごもりけり
                         崇徳院(千載和歌集)

0013136530.jpg

美しく彩られた季節も、足早に過ぎ去ってしまいました。

14:23 | 奈良の御寺・御社 | edit | page top↑

春日若宮 おん祭

10013083605_s.jpg

古都、奈良の1年を締めくくる「春日若宮  おん祭」
国指定重要無形民俗文化財で、日本最古の文化芸能の祭典です。

春日大社の摂社 若宮神社の例祭
平安時代に関白 藤原忠通が、五穀豊穣 国家安寧を祈願して始めたといわれ
一度も途切れることなく連綿と守り継がれている
奈良の師走を彩る伝統行事です。

15日の大宿所詣(おおしゅくしょもうで)
大宿所祭(おおしゅくしょさい)御湯立神事(みゆたてしんじ)にはじまり、
16日は宵宮祭(よいみやさい)、
願主役一行宵宮詣、田楽座宵宮詣が執り行われます。

17日には若宮様を御旅所へとお遷しする「遷幸(せんこう)の儀」や
平安時代から江戸時代に至る伝統行列が練り歩く「お渡り式」
神楽をはじめとする古典芸能が奉納される「御旅所祭(おたびしょさい)」など
おん祭の中心行事が行われます。
そして18日 後宴能(ごえんのう)が演じられ、おん祭の神聖な祭礼は幕をとじます。

12月17日は毎年、市内の幼稚園、小学校、中学校は学校が2時間目くらいで
下校になるんですよ。それくらい奈良では大きなお祭なのです。

10013083606.jpg

柵が設けられ、準備の整った春日大社表参道
(17日に松の下式が行われる「影向の松」は鳥居の右手にあります。)

今年のお渡り式は日曜日。
お天気がよければかなりの混雑になりそうです。

でもでも毎年12月17日はむっちゃさぶいんですぅ(>_<)
去年は雨風が強くて、お渡り式が縮小されてしまいました。
今年は晴れるといいなぁ~。

今、奈良国立博物館では特別陳列「おん祭と春日信仰の美術」 も開かれています☆

15:55 | 季節をかんじて | edit | page top↑

マルクくんといっしょ!

仲良しのマルクままさん&ご長男マルク君と平城宮跡で
おもいっきり遊びました。

maruku1.jpg

今日は「マルちゃんと遊ぶぞ~♪」と決めていたんだもんね。
写真だってマルちゃん満載だもんね。

   maruku2.jpg

マルちゃん去年に比べてずいぶんおとなしくなったねぇ~。
大人の落ち着きを身につけて、後ろ姿もなかなかニヒルだぞ^^

今日の目的はもうひとつ
平城宮跡には柳の木がたくさん植えられているのですが
12月に入るとその柳の枝の剪定が行われます。
毎年 切り落とされた枝を頂いてリースの台を作ります。

maruku3.jpg

「ボクだってつくれるよ」

maruku4.jpg

「マルちゃん、ガリガリしてるだけじゃん」

maruku5.jpg

「そんなことありません、ちゃんとつくってマス!ほらね」

maruku6.jpg

今日は小春日和
青空の広がるいいお天気です^^

マルクくん、走る!

maruku7.jpg

走る!

maruku8.jpg

到着!

maruku9.jpg

また、遊ぼうね。いえ遊んで下さい(笑)マルちゃん(^-^)ノ~~

maruku10.jpg


08:12 | 奈良を楽しむ | edit | page top↑

大安吉日

aobajyaya-keiki.jpg

今日の仕事も、無事終わりました。
ホッとした・・というより「疲れた~」のひとことです。

おしあわせに^^

16:59 | 日々是好日 | edit | page top↑

京都きもの生活

   83810372.jpg

京都在住のお友達、佐藤文絵さんが素敵な本を出版しました。

     『京都きもの生活』

京都はお寺や神社だけではなく、日本の伝統産業の息づく町でもあります。
長い歴史の中で育まれてきた、数々の匠の技
その中でも着物は京都を代表する伝統産業ですね。

京都のすばらしい手仕事を伝えたい・・・
京都への愛、着物への愛がいっぱい詰まった本です。

そして先日、この本の出版記念のお祝い会に行ってまいりました。
今日の主役フーちゃんの輝くような素敵な笑顔
真如堂の美しい紅葉とともに、忘れられない思い出の一日になりました。
おめでとう、フーちゃん!

Mg_0852.jpg

17:06 | 京都 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。