**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

末廣堂の「いちご大福」

      Img_5736.jpg

気がつくと もうそこに師走の足音が聞こえてきました。
私は今日も、なんやかんやと忙しく走りまわっております^^

興福寺の五重の塔を眺めながら、
自転車で奈良町を走りぬけ、県庁へと向かうそのとき
目に飛び込んできたのが「いちご大福」ののぼり!

末廣堂さんの「いちご大福」
今年の販売がいよいよはじまりました♪

元興寺さんのすぐ横にある末廣堂
最中や葛菓子、おまんじゅうを売ってはる地元におなじみの和菓子屋さんですが
こちらの「いちご大福」本当においしいんです。

 Img_5721.jpg

                Img_5724.jpg

知る人ぞ知る「いちご大福」だったのですが
いつぞやTVで紹介されてから、すごい人気で
「今日は売り切れました」の張り紙に、がっくりすることもしばしば。。。

   Mg_5745.jpg

    奈良町 末廣堂の「いちご大福」 1個168円


ほどよい苺の酸味とスーッと溶けるような白あん
もち米に吉野葛を混ぜて作られている求肥は、しっとり柔らか

毎朝 新鮮な苺を取り寄せて作っていらしゃるため
新鮮な苺が入荷しない日曜・祝日には
「いちご大福」の販売を お休みしているという徹底ぶり!

最近 甘いものをちょっと食べすぎのワタクシ
ちょっとは自重しようと 子やぎに2個、くろやぎさんと私は1個ずつのつもりで
4個入りの箱を買ってきたけど
う、う、う、やっぱりもう1個たべたい~><

     Mg_5718.jpg


    【御菓子司 奈良町 末廣堂】
       〒630-8391 奈良市鵲(かささぎ)町24 
       TEL・FAX 0742-22-2179
       営業時間:8時30分~18時00分 
       休日:日曜日・祝日




スポンサーサイト
15:22 | お気に入り | comments (2) | edit | page top↑

大宇陀でのおかいもの♪

Img_5665.jpg

「大宇陀」からの帰り道
水間にある「カントリーカフェ・ハーブクラブ」でちょっとひとやすみ
Img_5664.jpg

のどかな茶畑に囲まれた風景
大和高原にあるログハウスのレストランです。

今回は温かいチャイをいただきましたが、ランチもとってもおいしそう♪

さて「大宇陀」でのお買い物は
Img_5673.jpg

    松月堂の「きみごろも」
    森野吉野葛本舗の「葛の花」
    黒川醤油の「こいくち醤油」
    田中日進堂の「丁稚ようかん」

そしてマルクままのブログで、気になっていた
    吉本エッグファームの「優卵よーどっこ」

   Img_5676.jpg

大和高原の緑豊かな自然の中
厳選吟味した自家配合天然飼料で健康・元気に育ったニワトリが産んだ卵です。

この卵を使ってロールケーキが作りたいなぁと思っていたので
今回買うことができて、すっごくうれしい~♪

色づく山並みを眺めながら、いっぱいおしゃべり^^
マルクまま&マルクくん たのしい時間を、ありがとう。
11:37 | お気に入り | comments (4) | edit | page top↑

松月堂の「きみごろも」

  Img_5689.jpg


大宇陀でのお買い物の中で
ご紹介した松月堂の「きみごろも」

「どんなお菓子ですか?」とメッセージをいただいたので
ちょっと詳しくご紹介しますね。

「きみごろも」は松月堂 きみごろも
卵の和菓子きみごろもはふんわり柔かく繊細な味

「きみごろも」は、しっかりと泡立てた卵白を固め、
表面に黄身で作った衣をぬり焼き上げてあるお菓子
毎朝、地元の養鶏場から仕入れる新鮮な卵を使っていて、常に作りたてだけを
お店に出しているので、日持ちががしません。
だから、なかなか買えないんですよね。

   Img_5686.jpg

見た目は、玉子焼きのような、お豆腐の厚揚げのようですが
触った感触はふわっふわ!
食べると「シュワー!」と、お口の中で消えてしまうような不思議な食感です。
卵とはちみつの優しい風味が、口いっぱい広がる「きみごろも」

   Img_5612.jpg

奈良市内からは少し遠いのですが、
松月堂さんのある大宇陀の町は、とても素敵なところなので
せひ、お訪ねしてみてくださいね。

  【松月堂】
   奈良県宇陀郡大宇陀町上新1938
   Tel 0745-83-0114 
   休業日  水曜日(年始)

      きみごろも1個105円

08:50 | お気に入り | edit | page top↑

城下町の面影

Mg_5610.jpg

ぽかぽかとあたたかい秋の日
お友達と一緒に「大宇陀」まで行ってまいりました。

江戸時代に松山藩の城下町として栄えた宇陀松山地区

格子窓や虫籠窓、立派な卯建が残る町屋が並び
今なお城下町の面影を色濃く残す風情ある町です。

森野吉野葛本舗
    mg_5609.jpg

「薬の館」(旧細川家住宅)
    Mg_5622.jpg

そこ犬矢来っていうんだよ、マルちゃん。 
    Mg_5620.jpg

奈良漬屋さんの看板 す、すごい!
    g_5616.jpg

郵便局の前で。
“赤いポストとマルクくん”  なんか妙に似合うぞ(笑)
       g_5631.jpg

町をひと回りした後むかったのは
「かぎろひの丘万葉公園」
Img_5650.jpg


m_5644.jpg

『ひむがしの野に かぎろひの 立つ見えて かえりみすれば 月かたぶきぬ』

『かぎろひ』とは、厳冬の夜明けに煌々と現れる陽光のこと。
この歌は、持統6年(692年)軽皇子(後の文武天皇)が阿騎野へ遊猟した時、
柿本人麻呂によって詠まれた有名な歌で、
阿騎野を彩る歴史の一頁として語り続けられています。(宇陀市HPより)

この歌が詠まれたとされる旧暦の11月17日早朝に(今年は今年は12月26日)
ここ かぎろひの丘万葉公園で「かぎろひを観る会」が実施されます。
     g_5647.jpg

Img_5659.jpg

美しい錦に染まった「額井岳」を眺めながらの帰路

ひさしぶりにたずねた「大宇陀」
静かで趣のあるとても素敵な町でした。

おみやげに、おいしいものもたくさん買って
たのしい一日でした^^
Img_5605.jpg



09:00 | 奈良を楽しむ | edit | page top↑

華麗な舞装束の世界

mg_5590.jpg

先日、奈良検定の体験学習を受講してきました。

今回は、奈良の冬の風物詩
「春日若宮おん祭」の御旅所祭で奉納される舞楽のお話と舞楽装束について
春日大社の神職さんに解説していただくという講座

奈良時代、大陸から遣唐使によって日本に伝えられた雅楽
日本独自の形として確立されていく過程と
奈良の寺社仏閣とともに発展してきた南都楽所の歴史をお話していただきました。

    Img_5565.jpg


極彩色の吉祥文様を刺繍などで随所にちりばめた袍(ほう)
下襲(したがさね)や半臂(はんび)との色の重なりが、とても美しく
いままで、何気なく見ていたおん祭の舞楽が
とても興味深いものとなりました。

      Img_5594.jpg


講座終了後、春日大社本殿に参拝すると
ちょうど結婚式がとりおこなわれていました。

一週間後に京都で結婚式を挙げられるお友達の姿が重なり
ふたりの幸せを心からお祈りさせていただきました。

しあわせになってね、Tさん(*^.^*)

    Img_5596.jpg

13:33 | 奈良の御寺・御社 | edit | page top↑

室生寺~奥の院へ

    Img_5346muroodera.jpg

ブログの記事もかなり遅れ気味の私
今日は、マルクままさんに「大宇陀」に、つれて行ってもらったのですが
その前に室生寺のことを・・・・笑
2週間も前のことですが、大野寺の磨崖仏をお参りした後、室生寺に行きました。

山深い室生の里 
弘法大師ゆかりの室生寺は、女人禁制であった高野山のかわりに
たくさんの女性が訪れ「女人高野」ともよばれてきました。

紅葉の名所としても知られていますが
私達が訪ねた頃は、まだ色づきはじまたばかり。

鎧坂を上り金堂へ
御本尊の釈迦如来像(平安初期 国宝)をはじめ、
薬師如来像(平安初期 重文)、地蔵菩薩像(平安初期 重文)
文殊菩薩像(平安初期 重文)と運慶の作と伝えられる十二神将
そして、あの華麗な「十一面観音菩薩像」(平安初期 国宝)が内陣に並びます。

   mg_5375.jpg

弥勒堂(鎌倉時代 重文)、灌頂堂(本堂 鎌倉時代 国宝)を巡ったあと
左手の石段の上に見えてくる「五重塔」

平成十年の台風によって、大きな被害を受けましたが
二年後に修復され、もとの美しい姿によみがえりました。

ここまでで引き返すつもりだった私
でも、どんどん石段を上っていく くろやぎさん

   mg_5356.jpg


「どうしよう・・・」とまどっている私のことなどおかまいなしに
先に上っていきます(待って~)

   Img_5352.jpg


石段の途中にはシダの大群落があり
「室生山暖地性シダ群落」として天然記念物として国指定を受けています。
(これも検定で出題されましたね^^)

やっとの思いでたどり着いた「奥の院」

 Img_5362.jpg


弘法大師四十二歳の像が安置された御影堂
ここまで上って頂いた御朱印です。

    Img_5419.jpg


御朱印を書いてくださった、おじさま
突然 五木寛之さんの百寺巡礼の話をはじめました。
「わたし本を持っていますよ」と話すと
取材時のことを色々お話してくださいました。

  G_5359.jpg


奥の院から眺める室生の山々
あれから二週間
深山の木々も、いまは錦に彩られていることでしょう。

21:57 | 奈良の御寺・御社 | edit | page top↑

紅葉の円成寺

Mg_5504.jpg

奈良市街から柳生の里へ抜ける道の途中にある

 「忍辱山 円成寺(にんにくせん えんじょうじ)」

静かな山里にある美しい御寺
いま紅葉が見頃と聞き、マルクままさんをお誘いして
行ってまいりました。

   mg_5489.jpg
   

ため息がでるような美しい紅葉が目の前に 

Mg_5482.jpg


山門をくぐったところにそびえ立つ多宝塔
   
   mg_5483.jpg

ここには若き日の仏師運慶が手がけたという
国宝「大日如来坐像」が安置されています。
(↑コレ、今年の奈良検定の問題でしたね^^)

   mg_5487.jpg

ガラス越しに見る大日如来さま
光が反射してよく見えないので、こんなものが置いてありました。

 「 ガラスに押当てて のぞいてください」

   どれどれ・・・・
 Img_5486.jpg Mg_5484.jpg

なんて素晴らしい!
若々しく、理知的な顔立ちがはっきりと見てとれます。 

柴門ふみさんが 「わたしの一仏」として紹介していた「大日如来坐像」
実際目の当たりにすると、写真で見るよりも数倍いや数十倍すばらしい!

Mg_5493.jpg

本堂は寺院でありながら、春日大社の社殿のように造られていて
春日信仰と深く結びついていることがうかがえます。

御本尊 阿弥陀如来坐像は平安時代のもので重要文化財
そして、本堂内陣中央の四本柱には
「聖衆来迎二十五菩薩」が描かれています。

Mg_5503.jpg

奈良市内、それも地図上ではそれほど遠くないにもかかわらず
“柳生”のイメージだけで
「なんだか遠そう。。。」と敬遠していた円成寺

でも車だと、こんなに近かったのね^^
「大日如来」さまに会いに、通ってしまいそう(笑) 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「あのー、ボクのこと忘れていませんか?」

    Img_5533.jpg
  
こんなに自然いっぱいのところに来て、車の中でも興奮気味だったマルクくん

なのに、車の中でお留守番させられて、ちょっとご不満のご様子
    
Mg_5519.jpg

お寺には連れていってもらえず、門前にて写真だけ(大笑)

    Img_5524.jpg

「さあ、かえりましょ♪」

「えっ?!写真だけですか?ボク、お散歩したいんですけど」

ごめんね、マルク!
そろそろ、滝坂道の紅葉も色づく頃 奈良公園もきれいになってきたし
また、一緒にお散歩しようね^^


17:31 | 奈良の御寺・御社 | comments (2) | edit | page top↑

色づく東大寺

Img_5422.jpg

霜月も、もう20日
今月はまだ 観音様にお参りしていなかったので
ちょっと時間を見つけて 出掛けてまいりました。
 
二月堂から見る景色も秋色に

  Img_5430.jpg
 

龍松院前の大きな銀杏は、まだこれくらい

    Img_5426.jpg

  Mg_5455.jpg

大仏池のほとりはカメラマンでいっぱい!


マルクままさんの大好きな あのかわいい楓も真っ赤に色づきましたよ^^

  Img_5466.jpg
  
ここのところの冷え込みで、奈良公園の紅葉もきれいになってきました。


21:20 | 奈良の御寺・御社 | comments (2) | edit | page top↑

パネトーネの『大仏あんぱん』

奈良女子大学の近く、やすらぎの道沿いにあるパン屋さん「パネトーネ」
こちらの名物はなんといっても

     『名物 つぶつぶ 大仏あんぱん』

   Img_5405.jpg

見た目は 普通の“あんぱん”なのですが、持ってみるとズッシリ!
あんこがぎっしり詰まっていて、パンとは思えないほど重いんです^^

いったいどのくらいの重さだろうと量ってみると「330g!」
だぶん300gは餡の重さなんだろうなぁ。

「おいしそう~♪」と、喜んで食べ始めた子やぎですが、
さすがに4分の1ほどでギブアップ。

な・の・に
くろやぎさん、一気に1個食べてしまったんです。

もう、そのあとが大変
あんこ大好き!甘党のくろやぎさんですが、さすがにあとから辛くなってきたようです。

     たかがあんぱん  されどあんぱん
     味なぞ言わぬが花  まずはご笑味あれ
     えらいことになりまするぞ

お店の前にも、あんぱんの袋にも書いてあるこの言葉

くろやぎさんは、ほんとうにえらいことになりましたが(笑)
でも、なぜかまた食べたくなる「大仏あんぱん」

    b0039026_22245588.jpg

そうそう、袋にもある このイラスト
大仏さま(?)が股覗き(?)しているんですけど・・・なんで?笑


17:42 | お気に入り | comments (4) | edit | page top↑

大野寺の磨崖仏を訪ねて

mg_5332.jpg

先日、くろやぎさんがお休みをとったので
少し遠くに行ってみようかと、室生の方まででかけてみました。

室生寺の前に立ち寄ったのが、室生大野口にある「大野寺」

とても小さなお寺ですが、すぐ前を流れる宇陀川を隔てた対岸の崖面には
高さ11.5メートルの線彫りの磨崖仏があります。

鎌倉時代、後鳥羽上皇の発願により作られ
正式名は「弥勒下生線刻大磨崖仏」

線のみで岩に彫られているため、刻まれた線が一時消えかかったそうですが
平成11年に修理され再び美しい姿がよみがえりました。

   g_5330.jpg

      美しく優しい表情の弥勒菩薩像
      まつぼっくりのような頭をしていらしゃいます^^

「石仏縁起」によると、
対岸は彼岸であり弥勒の浄土でもあり
弥勒菩薩が次の世に如来となって お出ましになるお姿を線刻してあるそうです。

    mg_5331.jpg

弥勒菩薩の斜め下には「磨崖種子尊勝曼荼羅」も彫られていますが
ちょっと見えにくいかな。

紅葉の美しいところですが、今はまだ色づきはじめたばかり
やはりこちらでも 紅葉は遅れているようですね。     

    Img_5343.jpg

    mg_5344.jpg

春になると、糸枝垂桜の美しいお寺としてたくさんの人が訪れる大野寺
毎年 行きたいと思いながら いまだに行けずじまいです。

来春こそ、美しい枝垂桜とともに磨崖仏を参拝したいなぁ。


13:45 | 奈良の御寺・御社 | edit | page top↑

すだちのケーキ

  Img_5268.jpg


畑にでていると、近くのおじちゃんおばちゃんから、いろいろおすそ分けを頂きます。

自分達で作っているお野菜やハーブは、ほんの数種類ですが
いただきものがたくさんあって、ものすごく助かっています。

おじちゃん、おばちゃん、いつもありがとう!

さて、今日は すだちをたくさんいただきました。
おうちのお庭でとれた無農薬のすだち
「見た目は悪いけど、薬使っていないから安心して使ってね」と、おばちゃん

        Img_5256.jpg

とれたてのすだち 本当にいい香りです。
焼き魚、酢の物だけでは、使い切れないくらいたくさんいただいたので
「すだちのケーキ」を焼いてみました。

     Img_5263.jpg

パウンドケーキに、すだちの絞り汁をたっぷり焼き込んで
焼きあがったケーキに、さらにすだちの絞り汁を塗ってしみ込ませます。
上からナパージュを塗って香りを閉じ込めしばらくおくと
しっとりとした「すだちのケーキ」に。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

今年は、サンマが安いですね。
うちの家族はお魚が好きなので、この秋はサンマばっかり食べています。

サンマにすだちをキュッと絞って!
あー、日本人でよかったとしみじみ思う 秋の夕暮れ^^


11:25 | 小さな食卓から | comments (4) | edit | page top↑

かな書の美

Img_5314.jpg

先週末、兄やぎくんのところを訪ねたあと
京都 鹿ケ谷にある「泉屋博古館」で開催されている
『京の名筆ー受け継がれる王朝の書』に行ってまいりました。


遣唐使が廃止され「国風文化」とよばれる 
日本独自の文化が開花した 平安時代中期

漢字一字をあててつくられた、日本生まれの文字「万葉仮名」
それをより早く書くために、行書体から草書体に、
さらに簡単なかたちへと、徐々にくずされていきました。

当時、漢字は男性のものとされていましたので、
表現の手段をもとめていた女性たちによって
女手(おんなで)とよばれる かな文字ができあがり
女性によって、すぐれた文学作品が数多く生み出されることとなります。


学生時代、この仮名の美しさにひかれ
古筆とよばれる仮名書の臨書に没頭していました。
その中でも、いちばん好きだったのが「寸松庵色紙」

「寸松庵色紙」は古今和歌集を書写した歌集の断簡で
現在40点ほど確認されています。
そのうちのひとつ、『寸松庵色紙「ゆうつくよ」伝紀貫之』が
今回の展覧会で見られるのです。

なんだか初恋の人に会いにいくような期待と緊張感


展示室のすぐ入り口に展示された「寸松庵色紙」

墨の潤筆とかすれよる立体感 連綿の美しさ
上品で美しい線と優美な空間が、ちいさな方形の中に広がっています。

「ああ、やっぱり好き・・・」

寸松庵色紙は、私が夢中になったいた当時を
思い起こさせてくれるような感動を 再び与えてくれました。


今回、初展示となる「古筆手鑑」も一見の価値あり!

仮名書は、よく分からない~><!という方でも
仮名書とともに発展した 美しい「料紙」を見るだけでも十分楽しめます。

     G_5311.jpg

   
   『住友コレクション 京の名筆ー受け継がれる王朝の書』

       2007年10月20日(土)~12月9日(日)     
              休館日 月曜日(祝日以外)
   


「泉屋博古館」のある鹿ケ谷 
 
近くの銀閣寺~哲学の道、南禅寺は、
びっくりするほどたくさんの観光客であふれていましたが、こちらは、まるで別世界!
静かにこころゆくまで鑑賞できて、本当によかった。

実は「狩野永徳展」もと思っていましたが、あの行列を見ただけで倒れそうになった私(笑)
毎日あの状態なのでしょうね。。。。。無理かな。。。


23:40 | 博物館・美術館 | edit | page top↑

誕生日

Mg_5034.jpg


息子の19歳の誕生日

大きなイベントを前に、忙しそうな彼を激励するため
「ガトーショコラ」を持って、下宿を訪ねました。


お母さんにとっては、自分の誕生日より
君の誕生日の方
が、どれほど大切な日か わかる?


“激励”なんてただの口実
ハハは、ただ君の顔が見たかったのです。


「諸人よ 思い知れかし己が身の 誕生の日は母苦難の日」

薬師寺の高田好胤師は、この父母恩重経の言葉を
何度もお話になられています。


生涯で最も苦しく、生涯で最も幸せをかみしめた日

そして、私自身も父母に深く感謝する日でもあります。



来年は、20歳! ふふ、一緒に飲もうね^^

Mg_5036.jpg


18:31 | 日々是好日 | edit | page top↑

イノダコーヒのミックスジュース

今日は京都。

大好きな「ミックスジュース」 今日も飲んでます(笑)

Img_5315.jpg


イノダさんの「ミックスジュース」はメロンベースなんですもの
ふふふ、しあわせ~♪

くろやぎさんは「ヒレカツサンドセット」
私も、一切れもらって 「ぱくっ!」 やっぱりおいしい(うれし涙)


京都には何しに行ったかって?

「突撃!下宿拝見」ってとこかな^^


23:18 | お気に入り | comments (4) | edit | page top↑

秋の若草山

今日もいいお天気^^

寒くなる前に、そろそろ大掃除をはじめましょうかと まずは網戸の掃除から。
きれいさっぱり!気持ちいい~!

お台所まわりのお掃除も、障子の張替えも
この調子で一気にやってしまえばいいのですが
それがなかなか難しくって (~_~;)

さて、ひと仕事終えたところで、この方と若草山に行ってきました。

Img_5224.jpg

おっと、失礼しました。

   Mg_5230.jpg
  
毎度おなじみのマルクくんです。 マルちゃん、気持ちいいね~♪

   Mg_5216.jpg

ススキの中を歩く マルクとマルクまま

お日様に照らされて きらきら光るススキの波がきれい

Mg_5208.jpg


山頂からの眺め

今日はちょっと霞んでいるかな。

Mg_5201.jpg

山頂で、出会ったかわいい鹿の親子^^

         Mg_5236.jpg

この子鹿ちゃん、まだとっても小さくって お母さんにべったり

   「ママ、あの黒い子だあれ?」

子鹿ちゃん、マルクに興味深々
くりっくりのお目目でマルクをじっと見つめています。

        Mg_5237.jpg

お目目もかわいいけど、この子のおしりが ふわっふぁでかわいい♪

マルクままさん&マルクくん お付き合いありがとうございました。
さ、午後からお仕事 がんばります!

Mg_5210.jpg




15:40 | 奈良を楽しむ | comments (2) | edit | page top↑

「鹿男あをによし」

 g_3956.jpg

「鹿男」って、どこかで聞いたような?と思っていたら、

あ~れまあ!何ともローカルで、突っ込みどころ満載な あの小説じゃありませんか!

子やぎちゃん、
「○木宏くんが、奈良に来るの ~♡ 」と大興奮!
え?あなたは○木宏くんのファンだったん?

奈良の鹿と○木宏くんねぇ。。。。

ドラマがはじまったら、
画面見ながら なんやかんやとツッコンでしまいそうな気がするけど(笑)

でも、普段見慣れている風景が、どんな風に写るのか
ちょっと楽しみ^^


         Img_4320.jpg


22:46 | 奈良を楽しむ | edit | page top↑

春日庵の「さつま焼き」

    Img_5175satumayaki.jpg

今日もいいお天気でしたね。
せっかくのお出かけ日和だったのですが、色々やらなくてはいけないことが
てんこもりの私はおうちにこもってお仕事でした。
ひと仕事したあとのおやつは、奈良町にあるお菓子やさん春日庵の「さつま焼」

あっさりとしたこし餡を 小麦粉と卵で練った皮で包み、
さつまいもの形にして焼き上げた素朴なお菓子

  Img_5179satumayaki.jpg

おつかいものには、箱入りをいただくのですが、バラ売りもしてくださるので
子どもたちのおやつに(自分のおやつもね^^)ちょっと買っていくことも。

  Img_5172satumayaki.jpg

「バラで6っこくださ~い」というと、箱ではなくてこんな紙袋にぽんぽんと入れてくれます。
箱代がかかるので、おうちのおやつにするならバラの方がお得。

実際に さつまいもは使っていないそうなのですがそのかわいらしい形と
一個ずつ竹串に指して焼いているところが、
なんだかほのぼのとした「やきいも」のイメージ^^

今日はお薄を点てて、いただきます♪
00:00 | 小さな食卓から | edit | page top↑

文化の日・舞楽演奏会

Img_5145bugaku.jpg

毎年11月3日 文化の日に、春日大社の万葉植物園内の神苑で行われる
「舞楽演奏会」に行ってきました。

   Img_5140gagaku.jpg
「南都楽所」管弦の部による雅楽の演奏

           Img_5164bugaku.jpg
         4人の舞人が襲衣装の右肩をぬぎ、華やかな舞を舞う「北庭楽(ほくていらく)」

Img_5159bugaku.jpg

長保楽(ちょうぼうらく)」は獅子の刺繍が大変豪華で美しい蛮絵(ばんえ)装束に
巻嬰冠(けんえいかん)&という被り物を着してまう舞で
春日若宮おん祭りにも、奉納される 春日大社にゆかりのある舞なんやそうです。

春日大社には、ちょっとはやめの七五三のお参りのご家族がたくさん^^
うちの子たちも、あの頃はかわいかったなぁ~♪なんだか懐かしさでいっぱい。
22:00 | 奈良を楽しむ | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。