**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp
2008年 12月
--日(--)
29日(月)
27日(土)
26日(金)
25日(木)
22日(月)
21日(日)
20日(土)
17日(水)
16日(火)
15日(月)
14日(日)
13日(土)
08日(月)
07日(日)
03日(水)
02日(火)
01日(月)
11 | 2008/12 | 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

紅白

春の子やぎの卒業式に入学式、秋に行われたお祝いの会
今年も嬉しい事がいろいろありました。

お祝いごとには、着物ででかけることが多いのですが
今年も大活躍だったのがこの帯締め

     mg_7885.jpg

白一色の紐に、房の中心だけに本紅の入った菊房の冠組帯締

控えめな印象だけど、上品な可愛らしさがあって
お気に入りの帯締めです。
来年も、この帯締めの出番が多い年になるといいなぁ♪

  Img_2925.jpg

今年も「まほろば・・・つれづれ日記」におつき合いいただき、ありがとうございました。

明日から我が家は、家族そろって能登へ里帰り
寒ブリ、カニ、甘エビ、能登牡蠣 冬の日本海の海の幸を堪能してまいります^^

では、みなさま よいお年を♪

                                      しをん
スポンサーサイト
00:00 | 日々是好日 | edit | page top↑

心仕度

先週あたりから、使っている歯ブラシがちょっと気になってきました。
いつもなら、すぐにあたらしい歯ブラシに取り替えるのですが
あと一週間で新しい年に変わるのだからと、ちょっと我慢。
だって新年とともに、歯ブラシも新しいものを使いたいんですもの^^

家族全員の肌着や靴下、タオルに歯ブラシ、その他生活のこまごましたものも
すべて新しいものを準備して、清々しい気持ちで迎えたい新しい年

昨日の京都でのお買い物もそのひとつ

   Img_2895.jpg

京の老舗のお箸専門店「市原平兵衛商店」さんの、もりつけ箸と揚げ物箸

   Img_2902.jpg

去年の春、兄やぎが無事 大学に合格した折、
「しをんさんも、おかあさんとしてがんばったご褒美に」と、
お友達からプレゼントされたのが「市原平兵衛商店」さんのこのお箸。

こちらの「もりつけ箸」は持ちやすくて、普通の菜箸より先が細いので
お料理も盛り付けやすく、とても使い勝手がいいんです。
お箸の上下とも使えて、平たく削られた方は、身がくずれやすい焼き魚を
返すときにとても重宝でもう手放せません。
「あげもの箸」や「焼き物箸」も、熱に強くてとても丈夫でおすすめですよ。

新年は、ひさしぶりにくろやぎさんの郷里で迎えます。
新品の肌着や歯ブラシをカバンに詰めて、帰省の準備も整いました。

22:00 | 日々是好日 | edit | page top↑

年の瀬 京都へ

奈良の師走を彩る「春日若宮おん祭」が終わると、その一週間後はクリスマス。
合間に大掃除、年賀状書き、お正月の準備など、追われるように過ごしているうち
あっという間にもう今年も数日となりました。ほんとうに早いですね^^

新年の準備でほしいものがいつくかありましたので
今日は、京都へお買い物に行ってきました。

ちらちらと小雪の舞う年の瀬の京都
あちこちのお店をまわり、我が家の食卓の定番を揃えたり
迎春準備の人で賑わう錦市場で、気になるお店をのぞいたり^^

   mg_2860.jpg

一保堂の「嘉木」では、大福茶を頂きながらお友達とゆっくりおしゃべり
私のお菓子は「かぼちゃ饅頭」、Sちゃんのは下河原阿月さんの「みかさ」

なんやかんやと気ぜわしい毎日
お菓子を半分ずつ分けっこしながら、家庭のこと、仕事のこと
そして今年一年を、あれこれふり返りながら笑いあえる・・・こんな時間を
一緒に過ごすお友達がいてくれて、本当に幸せだなぁと思います。

mg_2856.jpg

そうそう、ついにあの仏像電車!・・いえ「平城遷都1300年祭」の
PR電車を見ましたよ(わーい、わーい!)

急いで撮影したので暗くてブレていますが、ちゃんと阿修羅が写っているでしょ♪
興福寺の阿修羅や安倍文殊院の文殊菩薩、そのほか奈良のお寺の仏像が
ズラーッと並んだ仏像ファン必見の電車

今度は、ホームに停車している電車をゆっくり見てみたいなぁ。
23:00 | 京都 | edit | page top↑

**メリークリスマス**

みなさま、どんなクリスマスをお過ごしですか^^

うちは子やぎが昨日から遠征試合で留守にしておりまして、
夫婦ふたりで静かなクリスマスイブを過ごしました。


  「クリスマスだし~、夜ごはんは何にしようかなぁ」

  「ボクはなんでもいいよ」と、くろやぎさん

  ではでは、私の食べたいものを。。。。


ご近所さんからいただいた産地直送の「さんまの丸干し」
ゆりねが安かったので「ゆりね団子」
むら田さんの黒胡麻ペーストで「胡麻豆腐」
畑でとれたお野菜を使って「水菜と厚揚げの煮いたん」と「大根の肉味噌かけ」
蕪とハヤトウリのぬか漬け+きゅうりのしば漬け

どこがクリスマスやの?ってメニューです(笑)


  「やっぱり“産地直送”のサンマはおいしいね。」

  「ところでこのサンマの産地ってどこ?」

  「・・・・さあ・・・?」

   Img_2838.jpg



00:00 | 季節をかんじて | edit | page top↑

もうひとつの阿修羅

来春、東京国立博物館平成館で開催される「国宝 阿修羅展」
来年こそは「THE東京!」と思っているので(笑)どうせなら、この展覧会にあわせて
阿修羅を追っかけ東京に行っちゃおうかな~なんて目論んでいますが
さてどうなることやら^^

さて、募集開始から約2週間で、ファンクラブ会員が3000人を突破した
    「阿修羅クラブ」

発足したら即入会しようと思っていたのですが、
阿修羅バッジも東博の窓口で、チケットと引き換えないと手に入らないし
奈良博の友の会に入っているので、前売りチケットを買う必要もないし
うーん、どうしようかなぁ。。。。

阿修羅というと、興福寺のあの阿修羅像を思い浮かべますよね。
若さあふれる少年のようでもあり、可憐な少女のようでもあり
憂いをおびたあのまなざしも、芯の強さを感じる口もとも
他のどの仏像にもない魅力にあふれています。

実は奈良には、もうひとつ「阿修羅像」があるのですがご存知ですか?
先日「金堂」の修復が終わった法隆寺

こちらの五重塔初層の北面にあるのは「釈迦涅槃」の場面を描いた塑像
釈迦の死を前に、悲嘆にくれる弟子の表情が驚くほどリアルで
泣き叫ぶ声まで聞こえてくるような、臨場感あふれる群像はとても有名ですが
その群像の向かって右奥の方にいらっしゃるのが、もうひとつの阿修羅。

      mg_2449.jpg
                     (写真は「古寺を巡る 法隆寺」より)

興福寺の阿修羅よりも、もう少し大人っぽい感じ。かな?
さて、私の好きな阿修羅をもうひとつ(*^.^*)

  Img_2442.jpg

  ふふふふ~♪

ちょっと一息ついたので、ひさしぶりにコメント欄を開けます^^
でも、こんなマニアックな記事にコメントなんてないですよね(笑)
21:00 | 日々是好日 | edit | page top↑

冬至と白い南瓜

奈良は、あたたかな冬至となりました。

うちも夕飯に、里の母が送ってくれた白南瓜を小豆といっしょに煮いていただきました。
白い南瓜?そう、南瓜といえば深緑色の外皮ですよね。
でも白い外皮の南瓜というのもあって、母は今年 この白南瓜作りに挑戦したのだそうです。

味はというと、南瓜自体の甘みは少し足りないものの小豆と一緒に煮くと
ホクホクとして とても美味しかったです^^

奈良の御杖村では「いとこねり」という、かぼちゃと小豆を甘く煮て
混ぜ合わせてつぶした郷土料理があり、この白南瓜がよく使われるのだとか。

「いとこねり」は、かぼちゃ餡とつぶ餡を混ぜたようなお料理で、
お餅にまぶしたり、小麦粉と卵でつくった皮にくるんでカステラのように焼いたり
おやつ感覚で、楽しめそうですね。今度、私も作ってみようっと♪

さて、母が今年挑戦したものがもうひとつ。「紫いも」です。
この紫いもを使って、子やぎがおやつを作ってくれました。

   Img_2192.jpg

皮をむいた紫いもを、電子レンジでチン!柔らかくなったお芋をつぶして
お砂糖を加えよく混ぜたものを丸めて、ココアとゴマをまぶすだけ。
超カンタンだけど これがなかなか美味しくていくつでも食べられそう^^

12月はじめに、ひと足早く風邪をひいてしまいましたが
南瓜も食べたし、ゆず湯で温まったし、これで今年の冬はもう大丈夫・・かな?(笑)


23:00 | 季節をかんじて | edit | page top↑

初冬の飛火野

冷え込みの厳しい朝 畑に行くと、一面真っ白な霜でおおわれ
いつもとは違う畑の景色を見ることができます。

水菜やほうれん草、菊菜など葉もの野菜は、霜にあたると柔らかく
甘みもぐっとましてとてもおいしくなるのです。

お鍋におひたしに大活躍の葉もの野菜
これから春までたっぷりいただきたいと思います^^

畑の写真ではなんなので(笑)朝の飛火野の景色でも・・・

Mg_2642.jpg

Mg_2646.jpg

                  mg_2644.jpg

Mg_2631.jpg

冬毛に衣更えした鹿さんたち 
うーん、ずいぶんモコモコになってきたね^^

      mg_2658.jpg

12:00 | 季節をかんじて | edit | page top↑

春日若宮「おん祭」

mg_2756.jpg

朝からあつい雲におおわれた奈良
17日は春日若宮おん祭の中でも、ひときわ華やかな「お渡り式」と「お旅所祭」が
行われる日なのですが、今年もやはり時雨空

でも年に一度の大きなお祭り。せっかくなので午後から出かけてきました。

Mg_2690.jpg

           Mg_2727.jpg

赤衣(せきえ)に千早(ちはや)と呼ぶ白布を肩にかけ
先を長く地面に引いて進む「梅白枝(うめのずばえ)」と「祝御幣(いわいのごへい)」を
先頭に、色々な時代の衣装を身にまとった華やかな時代行列は
やはりおん祭のメイン

Mg_2751.jpg

mg_2711.jpg

お渡り式に続いて行われるのが、「お旅所祭」
春日大社の宮司さんがご幣を捧げ、祝詞を奏上してのち
神楽、田楽・細男・猿楽(能楽)、舞楽など、若宮神に楽しんでいただくため
午後11時頃まで神事が続きます。

mg_2762.jpg

              mg_2774.jpg

さて、いつもは静かな春日大社の参道
普段と違うにぎやかな様子に、鹿さんたちは・・・

Img_2794.jpg

             g_2791.jpg


00:00 | 季節をかんじて | edit | page top↑

東大寺「秘仏特別開扉」

  mg_2659.jpg

東大寺の開山良弁僧正のご命日12月16日に、特別開扉が行われる「開山堂」と「法華堂」
今年も朝から出かけてまいりました。

mg_2668.jpg

                      mg_2664.jpg

   一葉一葉が僧正にして良弁忌 (入江来布)

今朝は境内を歩く鹿さんの息も白くみえるほど、冷え込んだ奈良
日が高くなるにつれ、暖かく穏やかな日和となりました。

以前は、法要の営まれる時間に、お参りする方はわずかでしたが
今年は朝早くから、お堂の前に行列ができるほど。
(以前の記事はこちら→

私の後ろに並んだご夫婦は、法華堂の秘仏「執金剛神立像」を
「この目でどうしても見たくて」と、札幌からおいでになったのだとか。

    mg_2667.jpg

開山堂にある良弁椿(糊こぼし椿)の蕾
この椿が咲くのは、お水取りの頃

今日は、来年の修二会に参籠する練行衆の発表もありました。
あーまた、お水取りの季節がやってくるのね。。。

23:00 | 奈良の御寺・御社 | edit | page top↑

X’mas Wreath

今年はいつもより可愛くしようと思っていたのに・・・・

     Img_2589.jpg


               ・・・・やっぱりジミーちゃん

   Img_2622.jpg


家の中はもうちょっとかわいらしく・・・って、やっぱりジミじゃん

かわいいこの子でも横に置いておこう。
名前は『TUPPENCE』

素敵なお手紙とともに、オーストラリアからやってきたちいさなテディベア
真っ赤なマフラーも、この子のお母さんの手編み

『TUPPENCE』がうちに来てから、今年で5回目のクリスマス

14:00 | お気に入り | edit | page top↑

晩秋の京都で

あれはまだ、紅葉の真っ盛りのころ
今年も、楽しみにしていた“鴨の炭火焼”をいただきに、京都へ行ってきました。

  g_2340.jpg

次から次へと運ばれてくる、彩り鮮やかな季節のお料理
目にも舌にも存分に、秋を楽しませていただきました♪

“お笑の会”(←いつの間に?笑)も、いままで以上にパワーアップ!!
口に運んだお料理も、思わず吹き出してしまうくらい
期待どおりのおもしろトークでしたね^^

mg_2342.jpg
 
美しい着姿も、眼福 眼福♪

楽しかった晩秋の京の一日
来年も、またご一緒できますように(*^.^*)

  g_2361.jpg

21:00 | 京都 | edit | page top↑

国宝 三井寺展

G_2574.jpg

気がつくと、師走ももう半ば。
ブログを書く時間がなくて、記事をアップするのも遅れ気味;^_^A

あのお食事会も、あの仏像のことも、あの番組のことも。。。
もうすこし時間がかかるかもしれませんが、気長にお付き合いくださいm(_ _)m

さて、今週はじめ行ってきた「国宝 三井寺展」

滋賀県大津市にある長等山園城寺(おんじょうじ)通称「三井寺」
智証大師円珍の入唐求法帰朝1150年を記念して、
いま大阪市立美術館で開催されている展覧会です。

寺の僧侶でさえ、なかなか目にすることのできない天台密教の秘宝といわれる
三井寺の秘仏が、今回そろって出品されるということで
とても楽しみにしていました。

平安時代、三井寺に密教の教えをもたらした智証大師円珍
三井寺の秘仏の多くが、円珍の生涯と深いかかわりを持っているということで
その霊的な感性と、たぐいまれなる能力により作られた仏像、仏画は、どれも
とても個性的なお姿をしています。

今回の展覧会の見どころは、やはり秘仏中の秘仏といわれている
仏像がそろってお出ましになっていること。
そのお姿は印刷物への掲載さえ限られるというのですから
天台密教を広めた智証大師円珍への帰依と、その象徴である仏像への
信仰の深さを感じます。

円珍が唐に滞在していたとき、修行中に目の前に現れた仏の姿を描かせた
図像「国宝 不動明王像」  金色に輝く姿から“黄不動尊”とよばれている仏画で
現存する不動明王の図像としては、もっとも古いもののひとつといわれています。

この不動明王像をもとに、鎌倉時代 彫像され「不動明王立像」は
秘仏として守られてきたおかげで、着衣の色彩も鮮やかに残っており
鎌倉時代の仏像とは思えないほど 。

そして国宝「新羅明神座像」
円珍が唐から帰国する船の中でみたという、新羅の国の神の姿にはびっくり!
白塗りのお顔に真っ赤な口びる、異様な目をしたこの神様の像は
日本にただひとつ存在するものだそうです。

秘仏の中には、美しい仏様の姿も。
西国三十三所観音霊場の札所である三井寺の観音堂の
御本尊「如意輪観音座像」はとても繊細で優美な仏様

その他にも、抗争や戦乱による三井寺の苦難の歴史を物語る遺宝や
狩野光信によって描かれた勧学院障壁画
三井寺を愛したフェノロサの足跡など、とても見ごたえのある展覧会でした。

 + + + + + + + + + + + + + + +

大阪展の会期は、12月14日まで。このあと東京、福岡にも巡回します。
お近くの方はぜひ♪

     【東京展】
     会期:2009年2月7日(土)~3月15日(日)
     会場:サントリー美術館

     【福岡展】
     会期:2009年4月1日(水)~5月10日(日)
     会場:福岡市博物館

 + + + + + + + + + + + + + + + 

大阪市立美術館から見る「ザ・大阪」のシンボル 通天閣
実はまだ、上ったことないんです。今度行ってみようかな^^

    g_2572.jpg

09:00 | 博物館・美術館 | edit | page top↑

お菓子の家

今日からすこしずつクリスマスの準備
今年は久しぶりにヘクセンハウスを作ってみました。

作る前に、お菓子作りが上手なお友達のヘクセンハウスを
見せてもらうことに。

    mg_2544.jpg

きれいなアイシンぐぅ~☆
このかわいいデコレーションは、ふたりのお嬢さんの担当

ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家みたいに
夢がいっぱいつまった、かわいいお家でしょ♪

Img_2550.jpg

アイシングを上手に絞るアドバイスを聞いてわたしが作った
お菓子の家は・・・・

Img_2553.jpg

   「これ、合掌造り・・・?」(子やぎ)

そう世界遺産 白川郷ですうっ ・・・って、そんなぁ~(T.T)

     Img_2565.jpg

                     Img_2559.jpg

22:00 | 小さな食卓から | edit | page top↑

冷え込む朝

g_2485.jpg

子やぎがもらってきた風邪。そのまんま私がもらってしまい
咳と頭痛がひどくて二日間寝込んでしまいました。

これから本格的な寒さを迎える季節だというのに
早々とダウンしてしまい、なんとも情けないことです。
皆様もどうぞお気をつけください。

さて先日、大阪に出かける機会があったのですが
街はクリスマスのイルミネーションで、煌びやかなことといったら・・・

奈良ではおおよそ見かけないような、大きなクリスマスツリーや
華やかなショーウィンドウをみているうちに、クラクラしてきたのは
風邪の前兆だけではなかったような気もします(笑)

さあ、明日からクリスマスの飾りつけを少しずつはじめる予定
今年はどんな風にしましょうか♪

16:00 | 季節をかんじて | edit | page top↑

手向山八幡宮の狛犬

Img_2222.jpg

紅葉のきれいな場所として、よくあげられるのが手向山八幡宮

法華堂(三月堂)のすぐ横にある小さな神社ですが
神殿のすぐ前にある狛犬さん、普通の狛犬さんに比べお顔が小さく
筋肉隆々でなかなか立派な狛犬さん
鎌倉時代の作と伝えられています。

Mg_2224.jpg

こちらの神社、狛犬さんが多いんですよね。
時代も様々、それぞれに表情が違ってとてもおもしろいです。

明日の朝、NHKのニュースの中継は、ここ手向山八幡宮から。
狛犬さんたちも映るかな^^

22:00 | 奈良を楽しむ | edit | page top↑

『みほとけたちの貌』

現在、奈良写真美術館で開催されている

   入江泰吉と工藤利三郎がとらえた仏像の美
       『みほとけたちの貌』 

10月4日から開かれている“仏像”写真の展覧会ですが
もうほんまに好きなものですから、今回で3回目の拝観(^^;)

観光ポスターやパンフレットでおなじみの有名な仏様もありますが
なかなかお目にかかれない仏様の姿も、入江さんの目を通して
見せていただくことができるので、何度でも出かけたくなります。

奈良市写真美術館には「定期観覧の会」という友の会があって
特典も多く、こちらによくおでかけになる方にはすごくお得!

      Img_2513.jpg

本人は、いつでも何度でも入館できますし、展覧会ごとに招待券を2枚
送ってくださるので、家族やお友達と一緒に気軽にでかけられます。

      Img_2508.jpg

特典のひとつで、ミュージアムショップにある「卓上カレンダー」が頂けるのですが
年末のこの時期入会手続きをすると、壁に掛ける「大きなカレンダー」(1000円)と
「卓上カレンダー」(500円)のどちらか選べるんです。
これは今年はじめてのことで、12月7日までに入会の方に限られますので
「入ってみようかな」っと思っていらっしゃる方はお早めに。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  ・ ・

いま写真美術館から望む高円山の紅葉がとてもきれい
お隣にある香薬師堂、新薬師寺の境内の紅葉も見ごろです。

Mg_2372.jpg




22:30 | 博物館・美術館 | edit | page top↑

ぽかぽか平城宮跡

Img_2460.jpg

あたたかい師走のはじまり
ぽっかぽかの陽気にさそわれて平城宮跡に行ってきました。
  
この季節、恒例の「柳くるくる会」(←勝手に命名、笑)です。
メンバーは2人+1匹。もうおわかりですね^^

     mg_2457.jpg

マルちゃんも一緒にくるくる~。
マルクは左利きだったんだね。今日はじめて気がついたワン♪

     mg_2455.jpg

今日は本当にいいお天気

Img_2465.jpg

                  Img_2470.jpg

Mg_2467.jpg


今日作った柳のリース台は来年用
今年のクリスマスリースは、去年作った台を使って作ります。
早いなぁ。。。1年って。。。

      Img_2459.jpg

マルちゃん、今日は時間がなくてゆっくり遊べなかったけど
また柳の枝で引張りっこしようね!

      mg_2468.jpg

22:00 | 奈良を楽しむ | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。