**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

桜暦2011~氷室神社~

Img_2869sakura2011.jpg

毎年、奈良の桜暦のはじまりを教えてくれる
氷室神社の枝垂桜。

Img_2863sakura2011.jpg

昨年は、20日過ぎには満開だった桜
今年はちょっとゆっくり。

Img_2875sakura2011.jpg

春を待ちわびる気持ち 咲き始めた桜にこめる想い・・

Img_2873sakura2011.jpg

静かに息づく自然のいとなみを、これほど愛しく感じる春は
はじめてかもしれません。


スポンサーサイト
00:00 | 花便り | edit | page top↑

「石舞台古墳 発掘の記録」

Img_2829a-kaibu.jpg

2011年3月からはじまった、京都大学研究資源アーカイブ
デジタルコレクションの公開。

これを記念して、石舞台古墳発掘調査を記録した写真と映像を紹介する展覧会
「石舞台古墳 発掘の記録」が、いま京都大学総合博物館と京都大学研究資源
アーカイブ映像ステーションで開かれています。

写真展示の会場となっている京大総合博物館の会場では、昭和初期の発掘の様子が
時間軸を追って紹介されており、当時の発掘作業は専門の学者だけでなく、多くの
地元の人たちが関わって大きな成果をあげたことが紹介されています。

「大和名所記」によると、江戸時代にはすでに墳土がなくなっており
いま目にする石舞台古墳とあまりかわらぬ姿だったようですが
調査によって再現された元の形の古墳の模型には、かえって新鮮な驚きが
ありました。

Img_2830a-kaibu.jpg

京都大学稲盛財団記念館1階にある、京都大学研究資源アーカイブ映像ステーションでは、
研究者が16ミリフィルムでとらえた「石舞台古墳発掘調査の記録映像」や
昨年、奈良文化財研究所で発見された、高松塚古墳調査時の8ミリフィルムなど、
古墳調査に関わる映像が上映されていて、これがなかなか興味深い内容ばかり。

特に関西大学の網干先生と研究室の学生による高松塚古墳の発掘の瞬間を記録した
「高松塚古墳の歴史」は、歴史的な大発見に冷静さを失わないよう、慎重に調査を
すすめる研究者の一種独特な緊張感が、ひしひしと伝わってきて胸が熱くなりました。
(映像の上映プログラムは、HPをご参考に)


京都大学研究資源アーカイブ公開記念「石舞台古墳 発掘の記録」          
  開催期間:2011年03月16日 - 2011年05月08日

 【写真展示会場】京都大学総合博物館         
         開館時間:9時30分ー16時30分(入館は16時まで)
         休館日:月曜日、火曜日
         観覧料:一般400円/高校・大学生300円/小・中学生200円
 【映像展示会場】京都大学研究資源アーカイブ映像ステーション(京都大学稲盛財団記念館1階)
         開館時間:10時00分ー16時00分
         休館日:日曜日、月曜日
         観覧料:無料

00:00 | 博物館・美術館 | edit | page top↑

近代芸術家の書

Img_2824kindaishoten.jpg

京都 何必館で開催中の「近代芸術家の書」展
行ってきました。

北大路魯山人、棟方志功、村上華岳、高村光太郎、川端康成
会津八一、梅原龍三郎、須田剋太、小倉遊亀、平櫛田中
奥村土牛、富本憲吉、加藤唐九郎、熊谷守一といった
近代日本を代表する芸術家たちの個性あふれる書の世界。

Img_2855kindaishoten.jpg

入館して、まず目に飛び込んできた須田剋太の「何必」「華厳」
強く激しい筆遣いに、ほとばしる生命と純粋な心があふれ
その場から離れられなくなるくらい圧倒されました。

余分なものをすべて取り去ったような高村光太郎の書。
会津八一の五語箴言「平常心是道」「山河四望春」
いまとても心に響く言葉です。

梅原龍三郎の「紅梅」「白梅」は書というよりも
絵をみるような独特な世界が広がっていて、とても面白い。

平櫛田中、小倉遊亀、長寿であったおふたりの風格のある書は
悟りの境地に達したような神聖な雰囲気が漂っている。

「書は人なり」
墨の濃淡、余白、筆遣い・・・研ぎ澄まされた感性で、
独自の芸術を作品に昇華させてきた芸術家は、
その書もとても魅力的と感じた展覧会でした。

 *何必館・京都現代美術館「近代芸術家の書」   
   2011年3月12日(土)~4月24日(日)
   
00:00 | 博物館・美術館 | edit | page top↑

花桜の琥珀

Img_2851sakura2011.jpg

淡い桜色の小箱をあけると、桜の花弁を散らした愛らしいお菓子。

京都のお友達に「霜月(そうげつ)」さんの「花桜の琥珀」を
頂きました。

透明な琥珀のゼリーに、薄い砂糖衣がかかって
口に含むと、シャリシャリっとした軽やかな食感

Img_5310sakura2011.jpg
                     (昨年の京都の佐野農園さんの桜苑)
“花笑”そんな言葉が浮かんできて
心もふっとほころんできます。

桜の開花、待ち遠しいですね。
奈良でもこちらこちらのブログで桜の便りが^^


00:00 | 京都 | edit | page top↑

浮見堂に咲く白

Img_2842kobushi.jpg

季節がめぐるたび、移ろう花の美しさに
ささやかな悦びを感じます。

Img_2836kobushi.jpg

芳しい梅の香を楽しんだあとの
華やかな桜の季節を待つ、ほんのわずかな間
そこだけに光をあつめたように一斉に咲き始めるコブシの花。

きれいに衣更えした浮見堂の側で
ちょうど見頃を迎えています。

Img_2838kobushi.jpg

00:00 | 花便り | edit | page top↑

二月堂御檀供

Img_2786dangu.jpg

お水取り上七日に観音様にお供えされた御檀供を
頂戴いたしました。
1260回目の修二会の行中に起きた大震災。
御檀供をお送りただいたのが大震災の直後。

国家安泰、世界平和、風雨順時、五穀豊穣
人々の幸せを願い、祈りをささげ悔過の行をお勤めされた
練行衆の心中はいかばかり・・・と案じておりました。

Img_2793dangu.jpg

無事に満行を迎えられますようにと
手をあわせ願っておられた姿を思い出しながら
御檀供はおかきにして、ありがたく頂きました。

00:00 | 季節をかんじて | edit | page top↑

糊こぼし椿

Img_2809norikoboshi.jpg

ひさしぶりにお参りに。
法華堂前の柳には、瑞々しい新芽。
開山堂の“糊こぼし椿”もようやく咲き始めました。

Img_2817norikoboshi.jpg

「春風花草香(しゅんぷう かそう かんばし)」

頬をなでる春の風はまだ冷たいけれど
春の景色はとても優しい。

Img_2818norikoboshi.jpg

00:00 | 花便り | edit | page top↑

心をよせて

Img_2429yukijinnjya.jpg

東北関東地方で起きました未曾有の大災害。
おだやかで美しい風土、厳しくも豊かな自然に恵まれた地の
被害の大きさに心が痛みます。

たくさんの尊い命が奪われました。
安否不明の方々もたくさんいらしゃいます。
被災された方々に心からお見舞い申し上げるとともに
一刻も早く被害が終息に向かうことを祈るばかりです。

・・・・・・・

ここで少し私個人の経験をお話いたします。
2007年の中越沖地震。震災の当時は、家族が被災したことを
このブログでは一度も書くことができませんでした。
言葉にしてしまうと、気持ちがくじけてしまいそうな気がしていたのです。

私の家族が震災に見舞われた日は、ちょうど京都の祇園祭の時でした。
被災地の情報がなかなか得られない中、数日後なんとか交通手段を見つけ
現地に向かいました。

いうまでもなく、奈良、京都は観光地。
年間を通じてたくさんの観光客で賑わっています。

時間とともに伝えられる深刻な被害に、不安な気持ちをかかえて
電車を待っている自分と、まるで地震のことなど気にもかけていないような
たくさんの観光客の楽しそうな笑顔・・・

電車、バス、車を乗り継いで、いつもの帰省時の倍の時間をかけ
現地に到着しますと、観光地の明るさとは別世界のように悲惨な状態。

同じ国に住んでいながら、この大きな“温度差”は何なのかと
怒りにも近い苛立ちに、胸が張り裂けそうでした。


それでも日本はとてもたのもしい国です。温かい国です。
行政、自衛隊、消防、警察、医療関係者の方々のご尽力はもとより
日本全国から届く救援物質が、どれほどありがたかったことでしょう。

   Img_3617shinsai.jpg

救援物質の箱に「京都市」「東村山市」「輪島市」・・・といった
地名を見つけたときは「私達は見捨てられていない」という安堵感で
いっぱいでした。

日本中、世界中が温かい手を差し伸べています。
今回被災された方々のところにも、一刻も早く支援の手が届くことを
切に願っています。

テレビやネット、あらゆるメディアを通じて伝えられる
世界中からの温かいメッセージは、被災地の方はもちろん
この辛い現実に心が沈んでいたたくさんの日本人を
勇気づけてくれています。


先に「同じ国に住んでいながら、この大きな“温度差”は・・・」
と書きましたが、いまになって思うと、被災地以外の方が旅行できるくらい
元気だったからこそ、復興を助けてもらえたのでしょう。

被災されながらも、一生懸命お手伝いをしているこども達の健気な姿に
私たちの方が勇気づけられます。
私はいま、心を寄せ、ほんのわずかな力で支えることしかできませんが
その心がたくさん集まれば、大きな原動力になるはず。

みなが心を沈めることなく、元気で活動することが
きっと復興への大きな力になることと信じています。

・・・・・・・

しばらく、この「まほろば…つれづれ日記」の更新がなかったことで
メールやお電話をいただきました。
ご実家は大丈夫ですか?とご心配くださった方もいらっしゃって
本当にありがたく思っています。

震災の影響ではなく、私自身が先週少し体調を崩してしまい
お医者様に安静!を言い渡されましたので、しばらくおとなしく療養。
病院で点滴を受けながら「私がこの薬を使っていいんだろうか」などと
考えながら、情けない思いでベッドに横になっていました。

ゆっくりと体調をみながらですが、仕事にも復帰して
いまは普通の生活に戻っています。
あまり大事にしすぎると、体力が落ちてしまうので
今日からちょこっと動こうと思っています。

00:00 | 日々是好日 | edit | page top↑

【緊急情報】地震にお困りの方へ(転載記事です)

家族が被災した経験があります。
一刻も早く家族の安否を確認したいと思うと同時に
避難所情報や、被災地への交通手段など
本当に知りたい情報を得るのに大変な状況でした。

ニュースで報道されている、この悲惨な状況に胸がいたみます。
少しでもどなたかのお役に立てばという友人の気持ちに
私からもみなさんにお願いしたいと思います。

**読者のみなさん+ブログを読んでくださっているお友達へ**

----------------
* 地震情報、コピペで広めてください、読者の多い方転送してくださいとのことのことです。
----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

*お願い*
・電話の使用は極力避けましょう。 緊急の連絡(119,110)で必要としています。
・安否の確認は災害伝言板ダイヤル171、ツイッター・ ネットや Skype、アイフォンならばviberを
使いましょう。 (Skype < viberです。 ツイッターかなり強力です。)
・節電に協力して下さい!!
節約した電気が、病院に使われ、傷付いた一人の命を救います!!
予測だそうですが、完全復旧送電には最低一週間とのことです。(個人意見になるそうですが、ご参考)
----------------------------------------------------------
*GPS*
建物に閉じ込められてる方、 スマートフォンを持ってる方はGPSをオンにしてください!
【TwitterSOSタグ】 GPS機能もつけてつぶやくこと。
#j_j_helpmeその他ハッシュタグ⇒ #prayforjapan (応援) #earthquake (地震) #eqjp  (地震) #jishin (地震) #j_j_helpme (救助要請) #hinan (避難) #anpi (安否確認) #daijyoubu (安否確認)
携帯でGPS機能が付いてる方も!助かる確率が上がります。希望を持って!!
----------------------------------------------------------


地震・津波被害に関する最新情報はこちら     
【全国非難場所一覧】
http://animal-navi.com/navi/map/map.html

東北地方太平洋沖地震 関連リンク集 TVネット配信(アカウント不要):
NHK総合(ニコニコ生放送)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv43018790

フジテレビ(ニコニコ生放送)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv43019860

NHK総合(Ustream)
http://www.ustream.tv/channel/nhk-gtv

TBS(Ustream)
http://www.ustream.tv/channel/tbstv


災害伝言板:

DoCoMo 
http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi?es=0

au   
http://dengon.ezweb.ne.jp/service.do

SoftBank
http://mb.softbank.jp/mb/information/dengon/index.html

WILLCOM
http://www.willcom-inc.com/ja/info/dengon/

e-mobile
http://dengon.emnet.ne.jp/

NTT-Web171
https://www.web171.jp/

Google Person Finder 2011
http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja

避難所: 全国避難所マップ
http://animal-navi.com/navi/map/map.html

23区避難場所
http://cgi.mobile.metro.tokyo.jp/aps/tosei/bousai/hinan.html

宮城県避難場所
http://www.pref.miyagi.jp/kikitaisaku/wagayade/hinan_bash

福島県避難場所
http://www.bousai.ne.jp/vis/jichitai/fukushima/refuge_fra

岩手県避難場所
http://www.pref.iwate.jp/view.rbz?of=1&ik=0&cd=28306

東京都内避難所一覧(Googleマップ)
http://bit.ly/g5l5PO

各種情報: 津波警報・注意報(気象庁)
http://www.jma.go.jp/jp/tsunami/

全国鉄道運行情報(NAVITIME)
http://www.navitime.co.jp/train/

道路交通情報(国土交通省)
http://www.mlit.go.jp/road/roadinfo/

メディア: 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/

朝日新聞
http://www.asahi.com/

毎日新聞
http://mainichi.jp/

日経新聞
http://www.nikkei.com/

Tips: ケガ・キズの手当て応急処置
http://www.jon.gr.jp/qq/first_aid/index.html

緊急時用の水の確保方法
http://r.nanapi.jp/392/

災害伝言ダイヤル「171」の使い方
http://r.nanapi.jp/5941/

Twitterで信用できるアカウント: NHK広報局(@NHK_PR)
http://twitter.com/nhk_PR

NHKニュース(@nhk_news)
http://twitter.com/nhk_news

総務省消防庁(@FDMA_JAPAN)
http://twitter.com/FDMA_JAPAN


【地震に遭遇したときの対応マニュアル】
http://matome.naver.jp/odai/2129850837113580401

【NHK各放送局災害情報】 各地域の災害情報確認のときに。
http://www3.nhk.or.jp/saigai/jishin/index.html


【持ち物】
□現金
□身分証明書
□印鑑・預金通帳・保険証
□飲料水(1人1日3リットルが目安)
□非常食(缶詰・お菓子等) □携帯電話と非常用充電器 □ティッシュ □タオル(5枚くらい)
□懐中電灯
□カイロ
□サランラップ
□毛布
□家族の写真(はぐれた時の確認用)
□ホイッスル(生存率が格段に上がる)
□メガネ
□いつもの薬

【緊急行動パターン】
・窓・ドアあける
・荷物は玄関へ
・底の厚い靴をはく
・ガスの元栓を締める
・浴槽に水をためる
・米を炊く
・出来るうちに携帯充電
・停電時ブレーカー落とす 
・24時間は地震が続くだろう
・とりあえず落ち着く
・災害用伝言ダイヤル171の利用(避難場所も伝える)
・電話は最低限
・Skypeなら使える
・警察を偽った詐欺電話に注意

【避難時の注意】
・倒れかけのタンスや冷蔵庫に近づかない
・ガラスや塀に注意 ・壁の亀裂や柱の傾きは倒壊のおそれあり、即避難
・狭い道、崖沿い、川沿い、海を避ける
・海沿いの人は高台に避難
・ヘルメット着用。せめて帽子を着用
・火が付きやすい化繊の服を避ける
・マスクや濡タオルを装備する
・火災時は風上へ
・車は走るのをやめて路肩に寄せて停まれ

【地震が起こる前なら】
□ヘルメットはあるか
□非常食の蓄えはあるか
□水の蓄えはあるか
□応急処置セットはあるか
□寝袋はあるか
□非難所・非難所までのルート

【NTT公式情報】
公衆電話は災害時には優先的につながります。
災害時には被災地の公衆電話は無料で使ます。
ただし国際電話は使えません。
●無料公衆電話のかけ方。
・緑色のアナログ公衆電話 緊急ボタンを押すか、10円玉を入れれば通話できます。
通話が終わると10円玉は戻ります。
・デジタル公衆電話 テレホンカードや10円玉を使わず、 受話器を取るだけで通話できるようになります。

【災害用伝言ダイヤル】
◆被災者の方 1.伝言ダイヤル「171」を押す。 2.「1」を押す 3.自宅の電話番号を押す。 4.伝言を録音する。
◆安否を確認したい方 1.伝言ダイヤル「171」を押す。 2.「2」を押す 3.安否を確認したい方の電話番号を
押す。 4.録音された伝言を再生する。

【Google Person Finder】
Google安否確認サイト
http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja http://goo.gl/rlR07

【災害用伝言掲示板】
au
http://dengon.ezweb.ne.jp/service.do
docomo
http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi?es=0
softbank
http://mb.softbank.jp/mb/information/dengon/index.html
ウィルコム
http://www.willcom-inc.com/ja/info/dengon/


【TwitterSOSタグ】 GPS機能もつけてつぶやくこと。
#j_j_helpmeその他ハッシュタグ⇒ #prayforjapan (応援) #earthquake (地震) #eqjp  (地震) #jishin (地震) #j_j_helpme (救助要請) #hinan (避難) #anpi (安否確認) #daijyoubu (安否確認)


【救急処置】
意識がなく倒れている人がいたら  仰向けにし顎を上げて気道確保
呼吸・脈拍があるか確認  確認されなければゆっくり二回肺が膨らむのを確認しながら人工呼吸
※この時あごをあげ気道確保→人工呼吸後心臓マッサージ ※AEDがあればAEDをすぐに使用すること

【骨折かどうか】  
腫れている  変形している  自分で動かせない、または微動でも激しい痛みがある
変色している

【骨折処置】  用意:タオル、副木(硬い棒・板状のもの)、縛るもの  目的:固定し、
骨折箇所の負担を減らす  方法:骨折場所を中心に、タオルでくるんだ副木を縛りつける

【物に挟まれたときの処置】
体の一部を長時間強く挟まれた状態の被災者の方は、 無闇に救助したりせず
に救急車を呼んで下さい。 クラッシュシンドロームに陥り、最悪の場合死に至る恐れがあります。
逆に、挟まれてすぐなら躊躇なく助けてください。 【簡易トイレの作り方】 便器の中にビニール袋を二重に
入れ、口の部分の一部を管などに括る。 ビニール袋の中に新聞紙を入れ、消毒液を入れるか、
スプレーする。 必要に応じてビニール袋を替える。


22:00 | おしらせ | edit | page top↑

サクッ、フワ♪

Img_2745kamameshi.jpg

この冬、まだ一度も食べられなかったこちらのカキフライ。
ようやくいただくことができました♪

    Img_2743kamameshi.jpg

あつあつの釜飯を、フガフガ言いながらほおばって
尽きないおしゃべり、楽しい時間。

心おきなく語り合える友達って、ほんとうにいいね。
そんなことをしみじみ感じる。

寒さにじっとしていた間(冬眠ともいう)
まわりの様子が、どんどん変わって
まるで浦島太郎さんになったみたい。笑
00:00 | お気に入り | edit | page top↑

修二会2011~小観音さん~

Img_2724shunie2011.jpg

修二会の御本尊十一面観音は「大観音」さんと
「小観音」さんのふたつの観音様がいらっしゃいますが
「上七日(じょうしちにち)」は大観音さん、
「下七日」は小観音さんが御本尊として法会が営まれます。

3月7日は、大観音さんの背後に安置されていた
小観音さんをお迎えする日。

奈良時代にお水取りを始めた実忠和尚が
大阪の難波津に漂着した生身の観音様をお迎えたという縁起をなぞり
日没の頃に執り行われる「小観音出御(こがんのんしゅつぎょ)」

輿の形をしたちいさな厨子に納められた小観音さんは
たいまつが灯され、雅楽の音が流れる中、練行衆によって
内陣から礼堂に移され、あらたに檀供や生花が飾り付けられます。

初夜上堂。
小観音さんの前での礼拝、静かな内陣入り、差懸の向き・・・・
すべては小観音さんへの敬虔な祈りを表すものだと
お聞きしました。

真冬のような冷気に身を縮めながらも、心の中はほんわかと
あたたかい灯りが燈ったよう。
ご縁に感謝。

00:00 | 季節をかんじて | edit | page top↑

金継ぎ修理の巧みたち展

Img_2688gofuusha.jpg

アートギャラリー「五風舎」で今日まで開催されていた
「金継ぎ修理の巧みたち展」へ。

壊れた陶磁器を漆で繕い、表面に金粉等を蒔いて仕上げる金継ぎの技法。
ただ修理するということではなく、金継ぎを施された器は
とても趣のある別の表情をみせてくれます。

今回は奈良で金継ぎを拾得された方々の展覧会。
金継ぎといっても、おひとりおひとり個性があって
それが器の中にあたらしい景色となってあらわれている。

こんな風に生まれ変わり、大切にされる器は
とてもしあわせだなぁ。

指導されているのは、木象嵌の工芸家Y先生。
帰り際に声をかけてくださったのに、舞い上がってしまい
しどろもどろ。

茶道具も数多く手がけられていらして、こちらのお茶会でも
先生の作られたお茶杓を拝見しました。
正倉院展にちなんだ、とても美しいお茶杓だったな。

唐招提寺に納められた中次茶入のこと、帯留のこと、
お聞きしたいことはたくさんあったのに…
せっかくの機会だったのに…と、ちょっぴり後悔。

* * * * * *

帰りに寄ったお店で、糊こぼしを模した飾りをいただきました。。
すごく嬉しい。ありがとう♪

23:00 | 奈良を楽しむ | edit | page top↑

春は名のみの・・・

Img_2663koukaido.jpg

梅の香に誘われて奈良県新公会堂の庭園にいってみると
そこはもう春の装い。

Img_2650koukaido.jpg

紅梅、白梅の競演

Img_2652koukaido.jpg

冬の間、すいぶんと長く楽しませてくれた山茶花、寒椿は
散ってなお美しい景色を見せてくれています。

Img_2655koukaido.jpg

そして寒椿の横に咲く、白い馬酔木の花
ここは日当たりがいいせいか、すずらんのような花がもう満開!

Img_2661koukaido.jpg

春の息吹を楽しんでいるうち、ちらちらと風花が舞ってきました。

Img_2658koukaido.jpg

紅梅はまだ、かたく蕾を結んだものが多く、新公会堂では
まだまだ梅見が楽しめそうです。

Img_2665koukaido.jpg

00:00 | 花便り | edit | page top↑

修二会2011~六時行法~

Img_2629shunie201.jpg

修二会の正式名称は「十一面悔過」
二月堂のふたつの十一面観音さまに罪過を懺悔し
世の中の平安を願い、祈りをささげる法会。

修二会の期間中、この「十一面観音悔過」は
晨朝、日中、日没、初夜、半夜、後夜の、一日に六度
毎日繰り返され行なわれます。

Img_2633shunie2011.jpg

昨日は食堂作法、生飯なげ(さばなげ)を見学ののち
日中の時、日没の時、そして例時作法を局にて聴聞。

Img_2636shunie2011.jpg

修二会がはじまってから、一番の厳しい寒さ。
昼間でも、じっと座っていると深々と冷え込んでくる。
でもそれを忘れるくらい、とても心穏やかな気持ちでいることが
できました。ありがたいことです。

以前は、初夜上堂のお松明を見てから局に入っていたのですが
拝観者の多くなった昨今、それも敬遠しがち。

厳しい行にのぞむ連行衆の姿を心に浮かべながら、二月堂の片隅で
静かに手をあわせていたいと思うのですが…

以前のような静寂が取り戻せたらと願うのは
もう無理なことなのかな。

00:00 | 季節をかんじて | edit | page top↑

上巳の節句

Img_2270hinamaturi.jpg

「桃花千歳春」

弥生三月。女の子の成長を祝うお雛まつり。
我が家でも、子やぎの卒業のお祝いもかねて
ささやかな雛茶会を開きました。

Img_2598hinamaturi.jpg

茶会といっても、子やぎは花より団子^^
主菓子用意した「引千切(ひっちぎり)」をふたつもぺろり。
まだまだ“しとやかさ”とは程遠いようです。

Img_2269hinamaturi.jpg

00:00 | 季節をかんじて | edit | page top↑

修二会2011~お松明~

Img_2548shunie2011.jpg

夜空を焦がす美しい炎
今年はじめてのお松明は、乙女部の同級生と一緒に^^

Img_2567shunie2011.jpg

Img_2564shunie2011.jpg

Img_2570shunie2011.jpg

不退の行法
天下泰平、風雨順時、五穀豊穣、万民豊楽・・・
すべての動植物の幸せを祈る法会が、千年以上も前から
一度も途絶えることなく、続けられていたことを知ったのは
つい30年ほど前のこと。

Img_2583shunie2011.jpg

「お水取り」に特別な想いを持つ多くの人と同じように、
私にとっても「お水取り」は特別。

“花拵え”の記事からはじまったこのブログも
7年目の春を迎えました。
お水取りの記事を綴ることによって、たくさんの友人に出会え
ありがたいご縁を頂戴しました。

お松明の炎や、静かに流れる声明を聞いていると
大切なひと達の顔が、次々と浮かんできます。
感謝の気持ちでいっぱい。

Img_2579shunie.jpg

23:00 | 季節をかんじて | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。