**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

冬の奈良 炎舞う景色

毎年、近所の特等席から見ている若草山の山焼き
今年は出かけた帰りに、いつもとは違った場所で見ていました。

     Img_3904yamayaki1.jpg

暗いけど、わかるかしら?
そう、ここは浮見堂

浮見堂からは、若草山はほんの一部分しか見えないので
飛火野の方へ行こうと思っていたのですが、
三脚を立てたカメラマンが数人いらしたので
「もしかしたら、隠れた撮影スポットなのかも」と思って
ここで見ることにしました。


午後6時 興福寺の鐘の音とともに花火が打ち上げられ、
奈良の夜空が華やかに彩られます。

今年は平城遷都1300年祭のお祝いして特別な花火も・・・

(右から二番目のキーを押すと、少しだけ大きくなります。)


「1・3・0・0」の文字と、「せんとくん(たぶん。笑)」
わかりましたか?



花火の後、若草山の山肌に一斉に火が放たれ
燃え上がる炎を映す紅色の夜空に
冬のシルエットが浮かびあがります。

  Img_3913yamayaki.jpg


浮見堂にいると池に映る明りも風情があって、とても綺麗

花火のあと、すぐに家に帰ったのですが
ちょうど山頂近くに火がまわって、よく燃えているのがわかりました。

奈良では、この燃え方で吉兆を占う方もいらっしゃるようですが
きっと今年は、いい1300年祭になるんじゃないかなぁ(期待をこめて!)

00:00 | 季節をかんじて | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。