**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

「だったん妙法」と火防護符

  Img_4093.jpg


気がつくと来週からもう二月。
二月にはいると、奈良ではそろそろ「お水取り」の話題が多くなりますね。

「あんな大きな松明を振りかざして、よく火事にならないものだ。」
修二会のお松明をはじめて見た方は、必ずそうおしゃいます。


去年はじめて、二月堂局にて「達陀の妙法」を観せていただきましたが
火天と水天が、法螺貝の音にあわせ飛跳ねながら振りかざす松明の炎の迫力に
心震えるような感動を覚えると同時に“火”に宿る力の大きさ
エネルギーの塊のような凄まじさに、身のすくむような思いでした。

江戸時代に一度、修二会の本行中に火災に見舞われた二月堂

去年、講座でうかがったお話ですが、行法のあと二月堂の内陣では
灰が残っていないか床板の隙間まで丹念に点検する作業が行なわれるそうです。


今年の「初午」は二月の一日
「初午」の日が、節分よりも早い年は火事が多いと言い伝えられています。

みなさまもどうぞお気をつけください。

23:00 | 奈良の御寺・御社 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。