**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

鹿とともに暮らす

  Img_4199shikayose.jpg

                 Img_42011shikayose.jpg

1月下旬からはじまっている「鹿寄せ」
先日、飛火野へ鹿寄せを見にいってきたのですが、
ホルンの音を聞いて林の奥から一直線に走ってくる鹿の姿はとても可愛くて
何度みても面白いイベントだなって思います。

かわいい鹿さんは奈良公園の象徴
この「鹿寄せ」は、奈良の観光キャンペーンの一環として
「奈良の鹿愛護会」が開催しているイベントですが、
奈良の冬の風物詩として楽しんでいただこうという主旨とともに
鹿の生態をきちんと知ってもらいたいという強い思いが込められています。

  Img_4203shikayose.jpg

今日も食欲旺盛な鹿さんたち。
ちなみに、鹿さんたちがもらっているのは“どんぐり”です^^


NHK大阪放送局では平城遷都1300年にちなみ、今月と来月
過去に放送された番組の中から、奈良を舞台にした番組が再び放送される予定で、
1回目の今日は昭和50年2月に放送された新日本紀行「鹿のいる公園-奈良ー」でした。

奈良の歴史は、鹿とともに暮らしてきた歴史でもあって
その生態を見守りながら、鹿との共存を目指して活動している
「奈良の鹿愛護会」の方々のお力はとても大きいものがあります。

番組が放送された36年前から、環境の変化とともに人と鹿の距離感も
少しずつ変化し、鹿愛護会の活動の幅も変わってきていると思いますが
鹿と人との共存のために尽力されている鹿守たちの活動を理解し協力していくことが
鹿とともに暮らす私達に求められていることと強く感じました。


次回(2月13日)は、平成7年に廃業し、去年 惜しまれつつその建物も解体された
名旅館「日吉館」と名物女将田村キヨノさんを取材した番組
新日本紀行「古都宿帳」の放送が予定されています。


23:00 | 奈良を楽しむ | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。