**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

お水取り*様々な灯り

Img_4519omizutori.jpg

24日に斑鳩に向かう前、朝から二月堂にお参りに行ってきました。

別火坊の煙突から立ちのぼる煙
“檀供つき”が行なわれているのでしょうか。

二月堂裏参道に張られた結界
朝露にぬれた石畳が、朝の陽の光に照らされてきらきらと眩しい。

    Img_4525oizutori.jpg

二月堂上に登りますと、提灯をのせた一輪車が運ばれてきて
なにやら作業がはじまりました。

Img_4534omizutori.jpg

Img_4537omizutori.jpg

          Img_4539omizutori.jpg

              Img_4540omizutori.jpg

              Img_4544omiztori.jpg

二月堂舞台の北西、南西の角に灯されるこの灯りは、
修二会本行のはじまる3月1日から11日まで掲げられ
12日は大きな籠松明が上がるので、外してしまうのだそうです。

「この角でお松明が振られるんだが、火の粉とこの提灯の灯りがすごくきれいでね・・・」
作業をされていた職員の方が、色々教えて下さいました。

過去の写真を見てみますと・・・

      Img_7785omizutori.jpg


なるほど、この提灯の明かりの効果がちゃんとありますね。

古都の春を呼ぶお水取り
明日からいよいよ「本行」です。
23:00 | 奈良の御寺・御社 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。