**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

『カウントダウン 大仏開眼』

Img_5166kaigen.jpg


いよいよ、来週末に放送がせまった
NHK古代史ドラマスペシャル『大仏開眼』
その放送を記念して開かれたイベント
「カウントダウン大仏開眼」に行ってきました。

主役の3人の俳優さん、脚本家、監督 演出のスタッフの方たちによる
トークショーでは、撮影中の苦労話や思い出に残る場面、楽しかったこと
辛かったことなど、ドラマの裏話が次々飛び出す2時間。


セリフひとつひとつに込められた俳優さんたちの熱い思い。
とくに吉備真備役の吉岡さんは、あえて予備知識を持たずに撮影にのぞんだそうですが
奈良の広い空とゆったりとした時間の流れに、真備のイメージをすこしずつ固め
本当にいい作品ができたと胸を張っておっしゃっていました。

公開前の大極殿の中も、このドラマの中ではひと足早く見ることができますし
デジタル全盛の時代に、大仏さま(胸から上、高さ9メートル)を
実際に手作りしてしまったという、リアル感を追求した試みも見どころのひとつ。
俳優さんの色鮮やかな衣装も、とても楽しみです。


今回は、天理大学雅楽部による伎楽の上演も行なわれ
華やかな大仏開眼供養会の様子が再現されました。

JR東海のCM「うましうるわし奈良」の中でも演じられている、こちらの伎楽。
実はこの伎楽が見たくて、このイベントに応募したのですが
1300年の時を経て、天平時代が甦ったかのような華麗な楽劇に
とても感動しました。
もちろんこの伎楽もドラマの中でも演じられますので、楽しみですね。


  NHK古代史ドラマスペシャル『大仏開眼』
     NHK総合【前編】2010年4月 3日(土)夜7:30~ 8:59
            【後編】2010年4月10日(土)夜7:30 ~8:59

   
00:00 | 奈良を楽しむ | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。