**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

うっとり・・藤原宮跡の蓮の花

Img_7605fujiwaragu.jpg

昨日の部活動は、なかなか出かける機会のない橿原市方面へ。

Img_7604fujiwaragu.jpg

昨年あたりから、花ゾーンの整備が進められていた藤原宮跡の蓮の花が
ちょうど見頃ということで、奈良倶楽部さんとでかけてきました。

Img_7607fujiwaragu.jpg

「藤原京」は、元明天皇が平城京に都を移すまでのわずか16年だけの都。

いまも発掘作業の進む広大な宮跡のかたわらに、
こんな美しい花園ができていたなんて。


(↑↓)とっても可憐で愛らしい「小舞妃蓮」

Img_7608fujiwaragu.jpg

(↓)こちらは、鑑真和上が唐から伝えたといわれる「唐招提寺蓮」

Img_7614fujiwaragu.jpg


Img_7618fujiwaragu.jpg

(↑)この蓮の花は、法華寺さんの散華に描かれていた蓮にそっくりだわ・・と
思って見ていましたら大当たり^^

Img_7617fujiwaragu.jpg

「法華寺蓮」は、花弁の優しげな色と楚々とした花姿が
尼寺の清楚なイメージと重なりますし、
どこか牡丹の花を思わせる「唐招提寺蓮」は、
華やかな唐文化の香りを感じさせます。

奈良は仏教伝来の地ですもの、奈良の寺院それぞれの銘がつけられた蓮の花が
もっとあればいいのに・・・
「大仏蓮」なんて名前の、思いっきり大きな蓮の花ができたら
見事でしょうね^^

(↓)皇居和蓮

Img_7624fujiwaragu.jpg

(↓)こちらは「碧台蓮」
少し緑がかった蓮台に真っ白な花は
梅雨のうっとうしさを忘れさせてくれるような清々しさ

Img_7628fujiwaragu.jpg

Img_7630fujiwaragu.jpg

奈良倶楽部さんからの情報では、この藤原宮跡の花ゾーンは
世界遺産登録に向けた整備の一環とのこと。

奈良の花の名所がまたひとつ。
嬉しいですね。

Img_7612fujiwaragu.jpg

(↑)古代蓮
17:00 | 花便り | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。