**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

平安の正倉院

春日大社宝物殿で開催中の、平城遷都1300年記念展示
「平安の正倉院Ⅰ -春日大社神殿の秘宝-」

Img_0713kasugataisha1.jpg

奈良というと、どうしても奈良時代以前のものに目をむけてしまうけど
春日大社の神様に奉納され春日大社に伝わる宝物は、
平安時代を代表する名品ぞろいで、美しく華麗なものばかり。

特別な思いを持って作られ奉納されたという太刀や剣、箏、手箱・・・
金銀の美しい細工物、繊細な蒔絵や螺鈿がほどこされた宝物の数々に
雅な王朝文化を見ることができました。


展示品の中で、とても気になったのが、
奈良県指定文化財文化財の「瑠璃燈籠(るりどうろう)」

    Img_7580ruritourou1.jpg

黒漆塗りの木製の笠、火袋に“青いビーズ”を連ねて張ってあり
中に火を入れると灯りが青く煌くようになっています。
(今回は中にライトがあてられ、とても綺麗でした。)

   Img_7583ruritourou.jpg

春日権現記にも、ご本殿の前に吊るされた瑠璃燈籠が描かれていて
今も重要な神事には、瑠璃燈籠(複製)に火が灯されるのだそうです。

国宝、重要文化財がずらりとそろい、ひとつひとつはすばらしいものでしたが
展示品の数が少ないせいか「平安の正倉院」というには、全体的に
少し物足りなかったかな。。。。


*平城遷都1300年記念展示「平安の正倉院Ⅰ-春日大社神殿の秘宝-」
 春日大社宝物殿・7月19日(祝・月)まで

00:00 | 奈良の御寺・御社 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。