**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

秋の夜長に、読友さんへ

ブログ友であり、読友でもあるyouyouさん
とても面白さそうな本をご紹介くださいました。

『それからはスープのことばかり考えて暮らした』
(吉田篤弘・暮しの手帖社)

お料理のいい香りがしてきそうなタイトルだわ。
早速 明日、本屋さんへ行ってきます^^


さて、私が最近 読んだ本は・・・

Img_9669hon.jpg

道尾秀介「光媒の花」、姜尚中「母-オモニ-」
楊逸「す・き・や・き」
最近話題の本と、ちょいと前に話題になった本と
ずっと前に話題になった本。

先日、病院の待合室で読んだのは、
萩尾望都「思い出を切りぬくとき」
こちらは漫画家生活40周年記念のエッセイ。

向田邦子「大根の月」
ちりんちゃんのブログで思い出した“月にちなんだ本”
私が“月”といって思いだすのは、このお話。
ひさしぶりに読みましたが、やっぱり切なくてあたたかくて
胸がきゅんとなる物語
向田作品の中でいちばん好き。

Img_9675hon.jpg

それから、こちらもひさしぶりに読んで面白かった
橋本治センセイの「これで古典がよくわかる」

こちらは、古典をわかりやすく解説した本ではありません。
日本文学を代表する古典作品、そしてその作者たちに、
橋本治センセイ流の上級なるツッコミを入れている本でして、
そのツッコミどころが、とっても面白いのです。


そして、會津八一「渾齋随筆(こんさいずいひつ)」

Img_9676hon.jpg

やっと見つけた宝物のような本。
ページをめくる悦びを感じます。


読書の秋、読友のみなさま
おすすめの本がありましたら、教えてくださいね^^

00:00 | 日々是好日 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。