**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

紅色はんなりと

Img_9883kouhaku.jpg

着物で奈良公園を歩いた日には、
帰ってからの草履のお手入れも、いつもより念入りに。

気をつけてはいるものの、あの大量のチョコボール
避けては通れないですからね^^

Img_9891kouhaku.jpg

さて、昨日履いていたお草履は、少し紫がかった濃茶の台に、
白い真田紐の鼻緒をすげていただいたもの。

つぼの紅色も、明るいものから少し落ち着いたトーンのものまで
何色かあるなかから選んだひと色です。

この帯締めもそうですが、白一色の中に紅色がほんの少し入っただけで
はんなりした色香が漂ってくるようで、これも着物ならではの
楽しみのひとつ。

白一色の中に紅色といえば、昨日
幻の椿が里帰り”というニュースがありました。

真綿色に紅を一筋流したような美しい椿
12月16日の開山忌には、拝見できるのかしら。
00:00 | 着物まわり | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。