**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

明日香の秋*橘寺

Img_9728tachibanadera.jpg

夏に伺った清水達也さんの写真展「四季大和路」で拝見した
「秋の実り」は、明日香の初秋の情景をうつした作品ですが
橘寺の白壁を背景に、真っ赤な彼岸花と黄金色に輝く稲穂の
コントラストが美しく、とくに印象にのこった作品でした。

この写真を見て、ぜひ秋にお訪ねしたいと思っていた橘寺
彼岸花の季節には間に合いませんでしたが、
稲刈りの終わったのどかな田園風景の中の丘に立つ橘寺は
まぶしいほどの白壁が美しい佇まいのお寺。

Img_9723tachibanadera.jpg

橘寺は聖徳太子誕生の地と伝えられ
太子創建七ヶ寺の一つ。

本堂にお祀りされているのは、国の重要文化財「聖徳太子勝鬘経講讃像」
太子像は、たくさんのお寺や博物館でお目にかかることができますが
こちらの太子像はオーラが違うというか、とても気高い姿で
叡智と気品にあふれたすばらしい尊像

内陣で拝ませていただきましたが
とてもありがたい気持ちになりました。

pagetachibanadera.jpg

橘寺の境内には、飛鳥時代の謎の石造物のひとつ“二面石”や、
勝鬘経ご講讃になられたとき、降り積もった蓮の華を埋めたという“蓮華塚”
珍しい形の心礎の残る“五重塔跡”、大変立派な“如意輪観世音菩薩像”など
歴史の重みを感じさせる史跡が残されています。

Img_9713tachibanadera.jpg

今秋の「祈りの回廊の特別開帳」では、太子の仏教の師と伝わる
「日羅立像(にちらりゅうぞう)」「地蔵菩薩立像」などの寺宝が
聖倉殿にて特別公開されています。
同時公開されている聖徳太子絵伝」は、太子の生涯が描かれた8幅の屏風で
今回は、日羅上人が聖徳太子にはじめて拝謁した場面を含む2幅が展示
されており、これは必見。

日本書紀によると、垂仁天皇の勅命を受けてトコヨの国へ
不老長寿の薬をもとめて行った田道間守(たじまもり)が
十年かけやっと捜し求め持ち帰った実を植えたところ、
芽をだしたのが“橘”で、それからこの地は“橘”とよばれるように
なったと伝えられています。

Img_9724tachibanadera.jpg

いまも境内には橘の木が植えられ、お訪ねしたときは、
現ご住職の晋山式に植えられた橘の実が、たわわに。

Img_9701tachibanadera.jpg

のどかな明日香の風景
ゆるやかに流れる時間を、楽しんだ秋の一日でした。

00:00 | 奈良の御寺・御社 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。