**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

正倉院の花文様

10月23日から20日間にわたって開催された「第62回正倉院展」が閉幕し
普段の静けさを取り戻した奈良

全国からたくさんの方が来てくださるこの期間は
奈良に住む者にとっても特別で、終わってしまうと少し寂しさも感じます。

Img_9983kougou.jpg

今年の正倉院展で、特別な思いをもって眺めた宝物が
「蘇芳地彩絵箱」でした。

春の茶会でご縁のあったお香合
絵柄、香合の材の総ては、日本画家林屋拓蓊画伯の意によるもの。

Img_9989kougou.jpg

文様はひとつひとつ違い、私がいただいた香合には
愛らしい花の文様が。

そう「蘇芳地彩絵箱」の花文様。
いただいた時には、どこの意匠かわからなかったのですが
正倉院展の出陳品をみて「あっ!この花模様!」と気づきました。

Img_9986kougou.jpg

いとおしいほどに愛らしい小花のお香合。
嬉しくて箱からだしては、ひとりでムフフと喜んでいます^^

00:00 | 奈良を楽しむ | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。