**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

花喰鳥

今年の正倉院展は「光明皇后1250年御忌」ちなみ
出陳品もとても華やかな御物が多く見られましたね。

「銀平脱鏡箱」「螺鈿紫檀五弦琵琶」などにみる華麗で繊細な文様には、
シルクロードを渡ってきた異国の香りがあふれていました。

代表的な正倉院文様のひとつ「花喰鳥」もそのひとつ。
幸せを運ぶ吉祥文様として、今も様々なモチーフに取り入れられています。

現在、東京・上野の東京国立博物館で開催中の特別展
「東大寺大仏-天平の至宝」に出品されている
『東大寺の国宝・鎮檀具の金鈿荘大刀(きんでんそうのたち)』
エックス線調査したところ、花喰鳥平文のある大刀から
肉眼では見えない唐草文様が浮かび上がったというニュースが
先日発表されました

新聞の紙面にのった写真を見ただけですが、とても繊細で美しい唐草文様
横の花喰鳥のシルエットにも心ときめいてしまって、
この金鈿荘大刀を見るのがとても楽しみになりました。

Img_9996hanakuidori.jpg

いよいよ念願の「THE東京」です^^
二年前の「薬師寺展」に行くはずが、
なぜか(?笑)のびのびになってしまった東京行き。

花喰鳥を背中にしょって「行ってきまーす♪」

00:00 | お気に入り | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。