**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

中宮寺會津八一歌碑建立

     Img_0772aizuyaichi.jpg

今年、奈良に會津八一先生の歌碑がふたつ建立されました。
ひとつは喜光寺に、そしてもうひとつは斑鳩の中宮寺に建てられ
先日、除幕式が行なわれました。

Img_0551aizuyaichi.jpg

今夏、新潟市にある「會津八一記念館」をお訪ねした折、
記念館の職員の方と色々とお話させていただいたこともあり
今回の歌碑の除幕式に参列させて頂く機会を頂戴いたしました。

(會津八一記念館をお訪ねした記事はこちら→その1 、その2 )

奈良をこよなく愛した新潟出身の會津八一先生
平城遷都1300年を記念して企画されました特別展
「奈良の古寺と仏像 會津八一のうたにのせて」は、新潟、東京、奈良と巡回し
(*奈良展は奈良県立美術館にて、12月19日まで)
會津先生のうたの調べにのせて、たくさんの方に奈良の古寺、仏像の美しさや
慈悲の心を感じとられた方も多かったのではないでしょうか。


みほとけの あごとひぢとに あまでらの
           あさのひかりの ともしきろかも(中宮寺にて)


新潟展では、會津八一先生がその美しさを讃えうたに詠んだ
中宮寺の「如意輪観世音菩薩像」が出陳されました。

ここ数年、相次ぐ大地震と水害、豪雪に苦しめられてきた新潟県での展覧会。
「如意輪観世音菩薩像」にぜひお出ましいただきたいという県民の願いは
「度重なる災害に見舞われながら、復興に努力している人々の心に
安らぎを与えることになるならば」という中宮寺の日野西光尊ご門跡の
寛い慈しみのお心とご決断により叶えられたと、お聞きいたしました。

展覧会開催中も、新潟県内で鎮魂と復興を祈願する法要を重ねられ
法話を通じて、み仏の慈悲のこころを説いてまわられたそうです。

Img_0582aizuyaichi.jpg

そのお姿に感動した人たちの間から、これを縁に中宮寺に會津八一先生の
歌碑をぜひともと願う動きが出て、今回めでたく建立される運びになりました。

除幕式で「會津八一先生の奈良への温かい情熱が本当にうれしい」と
述べられた日野西光尊ご門跡。
歌碑を前にその嬉しそうなお姿を拝見して、私も感激で胸がいっぱいでした。

Img_0578aizuyaichi.jpg

會津八一記念館の神林館長はじめ、新潟からの参列者も多く
夏にお会いした記念館の職員のみなさまとは、うれしい再会となりました。

このブログを見つけて、読んでくださっているとお聞きして
嬉しいやら恥ずかしいやら・・・
今回、あつかましくも参列させていただき、本当にありがとうございました。

最後に、今回建てられた歌碑の碑文をご紹介したいと思います。

Img_0776aizuyaichi.jpg

現在、奈良県立美術館では平城遷都1300年祭特別展
「會津八一のうたにのせて-奈良の古寺と仏像」
奈良市写真美術館では、企画展「工藤利三郎・小川晴暘
入江泰吉―會津八一と奈良の写真家―」が開催されています。

00:00 | 秋艸道人・會津八一 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。