**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

「千切台と千總」

Img_1145chikiridai.jpg

京友禅の老舗「千總」さんの正式な屋号は千切屋總左衛門。

千切屋の「千切(チキリ)」とは、おん祭の「装束賜り」の時に
“頭屋の稚児”の前に飾られる祭器「千切台」のことで、
代々おん祭に、この「千切台」を奉納していたことからきている
屋号なのだそうです。

「千切台」は白木の台に、色鮮やかな供花を飾った大変美しい祝儀飾。
千總さんの紋章「千切紋」は、この千切台に因んだもので
古より続く大和の神事に、その由来があるのだとか。

平安遷都に伴って京都へ移られ、いまでは誰もが知る京都の有名店ですが
そのルーツは奈良にあったのですね。

いま奈良国立博物館で開催されています、特別陳列「おん祭と春日信仰の美術」では
この「千切台」も展示されています。
展示される「千切台」は、毎年少しずつ御飾が違って
「今年はどんな千切台かしら」と、いつも楽しみにしています。


*奈良国立博物館 特別陳列「おん祭と春日信仰の美術」
   ・平成22年12月7日(火)~平成23年1月16日(日)
   ・東新館

00:00 | 奈良の御寺・御社 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。