**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

「禅寺のおばんざい」

今日は大寒。
一年のうちで、いちばん寒さの厳しい頃。
冷えた夜にはなにか体の温まるものを…と、あれこれ考えながら
毎日、お夕飯の献立を考えます。

Img_1471obanzai.jpg

「美味しいものが食べたいなぁ」というときに、真っ先に開くのが、
京都妙心寺塔頭 東林院の西川玄房師の「禅寺のおばんざい」

定期的に精進料理のお教室も開いていらっしゃる禅僧のお料理は
季節のお野菜を、素材の持ち味を生かして作る和食の基本。

食事というのは“自然のいのちを頂く”こと。
素材を粗末に扱うことなく、食べるひとに対する思いやりの気持ちから
生まれ伝えられてきた精進の味とこころ。

「禅寺のおばんざい」からは、お料理のレシピだけでなく
“無駄を省いて、手間を省かず”という、先人の知恵がたくさん詰まっています。
食を通じて自然から学ぶことは、まだまだたくさんありそうです。

昨夜は、かぶら蒸しに里芋のゆずみそ田楽、かぶの葉の辛子和え
ごぼうがたっぷり入ったおから、三つ葉とまいたけのお味噌汁と
冬のお野菜たっぷりの晩御飯でした♪
寒い日の温かいお料理は、体を癒し心を満たしてくれますね。

*東林院・西川玄房 「禅寺のおばんざい」→
              「禅寺のおばんざい-四季の膳」→
              「禅寺のおばんざい-和座季楽」→
00:00 | 小さな食卓から | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。