**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

若草山 山焼き

Img_1669yamayaki.jpg

新春の風物詩、若草山の山焼き。
年明けから晴天が続いた今年は、例年以上に山も乾燥していたようで
山肌を伝う炎は、見事に山を燃え尽くしました。

私は今年も、ご近所さんたちと一緒に家の前で山焼きを鑑賞。
みなさん、ドン!という花火の音に、
一斉に家から飛び出してくるのですよね^^

「春日さんから運ばれたご神火が、山を清めてくれる」
そう話してくださった、近所のおばあさま。

若草山の山焼きの起源には、色々な説がありますが、
山焼きの伝統を守り受け継いでき奈良の人たちにとって
山を燃え尽くす炎が、奈良の町全体を清めてくれる・・・
そんな祈りがこめられているのかもしれませんね。

なだらかな若草山の景色は、四季折々に表情を変え
奈良の人たちはその姿に、季節の移ろいを感じて生活しています。

季節に寄り添い、新しい季節を迎える節目を大切にしてきた
奈良の人々が守ってきた伝統行事 若草山の山焼き。

おばあさまの話では、若草山の山麓で見る山焼きは
すごい熱風と火の勢いの凄まじさを、肌でかんじることができて
とっても感動的なのだとか。
一度は見に行くべきと、勧められました。

私もね、一度は行ってみたいなぁとは思うのですけど
当日になると、寒さに尻込みしてしまうのですよね(^^;)
たぶん来年も、ご近所さんと一緒に見ているんだろうな~


今年の若草山の山焼きの様子は、こちらこちら、そしてもちろんこちらでも(笑)
乙女部のみんな、山焼きの様子、花火の写真も、
とてもきれいにアップされていますね。うーん、さすが!
00:00 | 季節をかんじて | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。