**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

中国書画の世界

Img_1872kyouhaku.jpg

京都国立博物館で開催されている「筆墨精神-中国書画の世界-」
行ってきました。

朝日新聞社創刊期の経営者 上野理一。
茶道を通して古美術に関心を寄せ、晩年 中国書画に傾倒し収集された
コレクションは、ご子息により京都国立博物館に寄贈され、現在 京博収蔵の
中国書画の中核をなしています。

今回は、上野理一コレクションの寄贈50周年を記念して、上野家に所蔵されて
いる文化財もあわせての展示。
書聖王羲之の「十七帖」「蘭亭序」はじめ、欧陽旬の「九成宮醴泉銘」
楮遂良の「雁塔聖教序」などの古筆の名品から、宗代儒学の大成者 朱熹自筆の
「論語集註草稿」、花鳥画の名手 寿平の「花○夕陽図」

pagekyouhaku.jpg

研ぎ澄まされた精神から生み出された書。
隅々まで神経がいき届とどき、繊細かつ臨場感あふれる文人画。

なかでも張即之が亡き母の冥福を祈って書写したという
「金剛般若経」は、尊厳さと品格にあふれたすばらしいもの。
同じく張即之筆と伝えられる「首座」「書記」の禅院額字
厳しくも力強い筆致に、圧倒されました。

「筆墨精神」というと、とてもわかりにくいのだけれど、これらの名品を
実際に目の当たりにすると、清澄な美しさにふーっと引き込まれるような
感覚を覚えますし、その気韻の高さに深く感動しました。

王鐸、何紹基、呉昌碩・・・
その筆致を見ただけで、臨書にあけくれた学生時代にタイムスリップ。
30年経っても、同じものを見て、同じように感動して語り合えるって
すごく幸せだな。

Img_1876kyouhaku.jpg

同時開催、篆刻家「園田湖城」の生誕125年を記念した展覧会も
大変見ごたえのある展示。
富岡鉄斎、橋本関雪、神田喜一郎といった文化人の印章を数多く刻し、
また「京都国立博物館」の破風に掲げられた額字の原字を書いたことでも
知られています。

Img_1938kyouhaku.jpg

京都国立博物館「筆墨精神-中国書画の世界-」は、
今年1月からはじまった『 関西 中国書画コレクション展』の最初となる
展覧会。中国書画のコレクションを所蔵する関西の9館が、一年間に
わたって全17回の展覧会を次々にリレー方式で開催するというもの。

奈良では11月に大和文華館で「中国美術コレクション展」が予定されています。
珠玉の名品に会える貴重な機会。
おすすめの展覧会です。

*京都国立博物館「筆墨精神-中国書画の世界-」
    ・2011年1月8日(土)~2月20日(日)
* 関西 中国書画コレクション展
   ・大阪市立美術館 「中国書画Ⅰ-館蔵・委託の優品」 9月17日~10月16日
            「中国書画Ⅱ-阿部コレクション」10月20日~11月23日
            「中国拓本-師古斎コレクション」2012年1月7日~2月5日
   ・京都国立博物館 「筆墨精神-中国書画の世界」2011年1月8日~2月20日
            「中国近代絵画」展 2012年1月7日~2月26日
   ・泉屋博古館   「住友コレクションの中国絵画」9月3日~10月23日
   ・藤井斉成会有鄰館「指定文化財等 中国書画特別展」5月第1、第3日曜日
            「指定文化財等 中国書画特別展」11月第1、第3日曜日
   ・和泉市久保惣記念美術館「近代中国絵画-定静堂コレクションの名品」
                           6月11日~7月31日
   ・観峰館     「没後百年 銭慧安展」4月16日~6月19日
            「生誕百年 原田観峰が蒐集した中国書画展」
                       6月25日~8月28日
            「中国近代書画コレクション展」9月3日~12月11日
   ・黒川古文化研究所「中国書画-受け継がれる伝統美」4月16日~5月15日
            「中国の花鳥画-彩りに込めた思い」10月15日~11月13日
   ・澄懐堂美術館  「中国書画名品展Ⅴ」2月27日~6月5日
            「祝賀と祥瑞」展9月11日~12月11日
   ・大和文華館   「中国美術コレクション展」11月19日~12月25日

23:00 | 博物館・美術館 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。