**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

高山・茶筌の里

茶道で使われる道具のひとつお茶筌。
国産の茶筌の約9割は、奈良の生駒市高山地域で作られており
「高山茶筌」は、国の伝統工芸指定を受けています。

Img_9766takayama.jpg

1月から2月の寒い時期、田んぼや畑で見られる「竹の寒干し」は
「茶筌の里」高山の冬の風物詩。

Img_9767takayama.jpg

高山で作られる茶筌の品質の良さや価値の高さを広くアピールしようと
3月4日「高山茶筌感謝祭」が催され、茶筌供養や茶会、伝統工芸士による
茶筌作りの実演などが行われました。

Img_9765talayama.jpg

高山で茶筌づくりが行われるようになったのは室町時代
鷹山城主次男の宗砌が、親交のあった村田珠光に依頼されて作ったのが
はじまりとされています。
(室町時代、高山は鷹山氏が支配していた鷹山村でした。)

Img_9780takayama.jpg

家臣16名が茶筌づくり秘伝の技を受け継ぎ、以来400年以上にわたり
「一子相伝」が固く守られてきました。
時代とともに人不足により秘伝とされてきた技も、一般に公開されるように
なりましたが、竹の特性と美しさ生かした茶筌づくりは今も、奈良の誇れる
伝統工芸のひとつとなっています。


さて この日、茶筌供養の法要が営まれた法楽寺は、奈良時代に聖武天皇の
勅願により行基菩薩が建立したと伝えられるお寺です。

Img_9772takayama.jpg

毎年、高山茶筌生産協同組合の方々が、こちらでお茶筌の供養を
されているそうですが、今年は一般の方も参加しての茶筌供養が営まれ
参加者は古い茶筌を持参して お焚きあげしていただきました。

Img_2226takayama.jpg

茶会が開かれた高山竹林園では、茶筌をはじめとした茶道具、竹製品が
展示されおり、工芸士さんによる片木(へぎ)、小割(こわり)、味削(あじけずり)
面取り(めんとり)、腰並べ(こしならべ)などの茶筌の製作工程を見学。

pagetakayama.jpg

Img_9775takayama1.jpg

流派によって用途や穂数など種類も多く形も違いますが、やはりよい茶筌と
いうのは姿が美しく、その繊細なつくりは使ってみてはじめてその良さが
わかります。

Img_9786takayama.jpg

いまは外国で作られた安価な茶筌が広く出回っていますが、一服の茶に
心を込める日本の美意識をもってすると、おのずと茶を点てる道具にも
心をくばっていきたいと思うのです。

Img_9787takayama.jpg

いつぞやこちらの番組で「京都で作られた茶筌がほしいと」竹製品のお店に
立ち寄った亀次郎さん。
お店の方が差し出したのは「高山茶筌」でした。

亀次郎さん、やっぱりお茶を点てるなら京都の茶筌で!と、
喜んでいらしたけど「高山茶筌」は奈良なんだけどなぁ・・・


00:00 | 奈良の伝統工芸 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。