**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

修二会2011~小観音さん~

Img_2724shunie2011.jpg

修二会の御本尊十一面観音は「大観音」さんと
「小観音」さんのふたつの観音様がいらっしゃいますが
「上七日(じょうしちにち)」は大観音さん、
「下七日」は小観音さんが御本尊として法会が営まれます。

3月7日は、大観音さんの背後に安置されていた
小観音さんをお迎えする日。

奈良時代にお水取りを始めた実忠和尚が
大阪の難波津に漂着した生身の観音様をお迎えたという縁起をなぞり
日没の頃に執り行われる「小観音出御(こがんのんしゅつぎょ)」

輿の形をしたちいさな厨子に納められた小観音さんは
たいまつが灯され、雅楽の音が流れる中、練行衆によって
内陣から礼堂に移され、あらたに檀供や生花が飾り付けられます。

初夜上堂。
小観音さんの前での礼拝、静かな内陣入り、差懸の向き・・・・
すべては小観音さんへの敬虔な祈りを表すものだと
お聞きしました。

真冬のような冷気に身を縮めながらも、心の中はほんわかと
あたたかい灯りが燈ったよう。
ご縁に感謝。

00:00 | 季節をかんじて | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。