**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

春の萬葉植物園*座論梅

昨日、桜の開花宣言があった奈良。
奈良公園が桜色に染まるのももうすぐですね。

本格的な桜のシーズンを前に、遅咲きのめずらしい梅が
春日大社の萬葉植物園で見ごろを迎えています。

八房梅(やつぶさうめ)、別名 座論梅(ざろんばい)

Img_2888ume.jpg

淡いピンク色の八重の花は、一見「桜かしら?」と
見まごうほど、とても優美な梅の花。

Img_2889ume.jpg

名前の八房梅は、普通の梅よりも小粒の実が
一部にたくさん集まってなることから名づけられたそう。

そして、その実がひとつづつ落ちていく様子を
数人が議論を戦わせる座論の場から、論に負けたものから
座をはずす様子にたとえて「座論梅」という別名も持っている梅。

Img_2887ume.jpg

お堅い名前に似合わず、優しい香りが春の風にのって
漂っています。


*春日大社 神苑 萬葉植物園
00:00 | 花便り | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。