**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

春の萬葉植物園*椿園

pagetubakien1.jpg

春の萬葉植物園は春爛漫!
冬から春へ長い間楽しめる椿園も、暖かくなるにつれ
楚々とした一重の椿から、八重の華やかな椿の時期へと
装いもかわってきました。

実は銘椿そろいの萬葉植物園。
花盗人のせいで“糊こぼし”などは、名札をはずしているそうですが
春の風情を楽しみながら、花探しをして歩くのも楽しいもの。

Img_2942tubaki.jpg

薔薇と見まごうようなこの椿!

   Img_2944tubaki.jpg

これは・・・“宝塚”・・・・だよね、きっと(笑)


Img_2948tubaki2.jpg

去年は、ちょっと見頃を過ぎていた“月光”椿も
今年はちょうど花ざかり。

Img_2951tubaki.jpg

萬葉集の中で、椿を詠んだ歌としてまず浮かぶのが
「巨勢山のつらつら椿つらつらに 見つつ偲はな 巨勢の春野を(巻一 五四)」

Img_2934tubaki.jpg

つらつら椿とは、椿の銘ではなく“連なり咲く椿”という意味。
古来より、霊力が宿ると信じられていた椿の木は、万葉人にとって
力を与えてくれる特別な花だったのかもしれません。


00:00 | 花便り | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。