**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

春日大社「林檎の庭」

Img_3299ringo.jpg

緑滴る春日大社の参道
雨に洗われた新緑のまぶしいこと!

名残の桜の花に、ゆく春を惜しみつつも
日に日に瑞々しい緑へと代わる景色に
自然のエネルギーを感じ、とても元気づけられます。

Img_3300ringo.jpg

藤の花の様子を見がてら、春日大社の御本殿へお参りにまいりましたら
今年は少し寒くて、藤の花の開花も少し遅れているとのこと。

Img_3308ringo.jpg

でも、幣殿の北にある「林檎の木」には、初々しい若葉と一緒に
真っ白な花が満開になっていました。

この季節に何度もお参りさせていただいていますが
こんなにも綺麗な花を見たのは初めて。

Img_3303ringo.jpg

今から800年前に高倉天皇がお手植えあそばされたと伝えられますが、
現在の木は、戦時中枯れてしまったものを昭和30年
長野県の高校生から奉納されたものだそうです。

林檎の木にちなんで、中門前の斎庭は「林檎の庭」と呼ばれ
春日祭の折、勅使が国家平和を祈願される場所。

この木は長野の林檎の木ですが、林檎の白い花を見ていると
やはり想いは東北の春に・・・

Img_3301ringo.jpg

東日本大震災の被災地の復興を願い唱えられた「万度祓」が
満願を迎えたこの日。
いつもより早く閉門となり、夕方から境内にある灯籠に灯りが
ともされ「別願万燈籠(べちがんまんとうろう)」が行なわれました。

万燈籠のやさしい光 
心の平穏が早く訪れますように。

00:00 | 奈良の御寺・御社 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。