**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

懐石料理 かこむら

お江戸から、はるばる来てくれたお友達をお連れしたのは、
懐石料理「かこむら」さん。

Img_3519kakomura.jpg

せっかく遠方からの奈良に来てくださるんですもの、美味しいお店に
お連れしたいなぁと思って、奈良倶楽部さんにお聞きしたら
「それならば、ぜひこちらに」と教えていただいたお店です。

場所を聞いてびっくり。
こんなところに、こんなお店があったなんて・・・

Img_3521kakomura.jpg

この日のお料理。
まずは、端午の節句にちなみ菖蒲の葉と蓬の葉が飾られた八寸。
なんだか箸をつけるのがもったいないくらい^^
   
      Img_3526kakomura.jpg
兜をとると現れたのは「雲丹湯葉」

手まり寿司、蛸のあっさり煮、いくら、だし巻き玉子・・・
食用の“ほおずき”の意外な美味しさにびっくり!

      Img_3528kakomura.jpg
口の中でとろけそうなマグロ(中トロかな)と平目のお造り。

pagekakomura.jpg

あたたかい椀物は「春のお野菜たっぷりの薄葛仕立」
さりげなく鮑も見え隠れ。心憎いまでの手の込みよう。

今年お初の「若鮎のフライ」鮎のフライってめずらしい!
鮎の苦味と香ばしさが絶妙。レモンとお塩でいただきました。

炊き合わせは「蓬麩と若竹煮」
冷たい椀物は「蟹とじゅんさい」
割りだしにおろし生姜がきいたさわやかな一品。

Img_3539kakomura.jpg

最後は「白えびのご飯とあさりの赤だし、香の物」
「とっても美味しいよ~」ってお聞きして、楽しみにしていた
白えびのご飯。
あまりの美味しさに、二人ともおもわず声をあげたくらい^^

「ご飯のおかわりは、いかがですか?」と聞かれ
もちろん「いただきま~す!」笑。

このあと、デザートのフルーツのゼリー寄せをいただいて。
(写真うつすの忘れちゃったけど、涼しげな器が素敵だったの♪)

お家でもお茶事を催すことのあるお友達は
「茶懐石のヒントを色々もらったわ~」と。
喜んでいただけてよかった。

夏の走りの食材と新鮮な海の幸。
お料理と器から感じるさわやかな初夏の香り。
目も舌も大満足でした^^

この日、残念ながら来られなかったお友達・・・
今度はぜひ、ご一緒しましょうね。待ってます。


*懐石料理 かこむら ・奈良市角振新屋町10 パーキング奈良2F    
               ・0742-24-1070  ・定休日 水曜
01:00 | お気に入り | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。