**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

陰陽そろった茶室

華厳茶会の副席にていただきましたお菓子は、
大和郡山市の「菊屋」御調製の“落とし文”
「とても美味しいお菓子」と、喜んでいただいたものですから
翌日「菊屋」さんへ、お友達をお連れいたしました。

城下町 大和郡山は、奈良市内とはまた趣のちがう町の風情。
歴史を感じさせる「菊屋本店」の店先にて
名物「御城ノ口餅」をいただいて。

せっかく郡山まできたのですから、めずらしい二つの茶室を持つ
臨済宗大徳寺派の寺院「慈光院」を見学することにしました。

Img_3554jikouin.jpg

茶人として名高い藩主片桐石州の創建した慈光院は、寺院というより
境内全体がひとつの茶席の風情。
点前畳の奥に床の間がある“亭主床”の茶室「高林庵」と
逆勝手の茶室「閑茶室」

陰陽はっきりと違う二つの茶室が揃っているのは、とてもめずらしく
大名茶道の威光を感じさせるもの。

偶然いらっしゃったご住職に、この“陰陽”の茶室の由来や
開山玉舟和尚と千家とのかかわり、加賀百万石の茶の湯のことまで
色々と教えていただき、「観月茶会」のお誘いまで^^

pagejikouin.jpg


Tさん、お茶をめぐる奈良の旅 いかがでしたか。
また遊びにいらしてくださいね。
次は私が東へ参ります。横浜かな~鎌倉かな~(笑)

00:00 | 奈良の御寺・御社 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。