**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

元興寺極楽坊縁起絵巻

Img_3647gangouji.jpg

元興寺極楽坊縁起絵巻と厨子入智光曼荼羅の特別公開
最終日にやっと訪れることができました。

元興寺といえば、ならまちちょこっとカフェのお向かいにあるお寺。
この日もたくさんのお客様で大忙しのお嬢様
私が通りかかった時、3人の若者男子に囲まれて超ゴキゲンだったのだ。

これはこれは。
とりあえずいまは見て見てフリをして、あとで冷やかしに行こう。。。

私の顔に不穏な気配を察知したのか
「しをんさぁ~ん♪」と手を振るたーさん。

「元興寺?特別公開?私も一緒に行く!」って。
あらら、せっかくの男子大学生との貴重な時間、邪魔しちゃったかな~^^
ということで急遽、歴史部結成!(ふたりだけど)

Img_3631gangouji.jpg

この日の元興寺は、本堂前に花御堂が設えられ
旧暦の“灌仏会”が営まれました。
誕生仏に甘茶をそそぎ、お参りされるたくさんの方々。

とっても親切な警備員さんにお会いして、
元興寺さんの歴史を、それはそれは詳しく解説していただきました。

Img_3635gangouji.jpg

明日香から移された時代のことから、いまも残る町名の由来
柱に使われた杉材の樹齢、瓦の焼かれた温度まで・・・
なんてすごい警備員さんなの!お寺の安全を守るだけじゃないのね。
元興寺のすべてを知るプロフェッショナル!
すばらしいわ。

もちろん「智光曼荼羅」のことも、わかりやすくお話してくださって
おかげさまで「元興寺極楽坊縁起絵巻」を楽しく拝見することができました。

Img_3637gangouji.jpg

カフェにもどってみると、元興寺に行く前から止まってる籠がまだここに。
長時間 油を売ってますなぁ籠屋さん。

でも、私もひとのこと言えないか。
「スーパーに買い物に行ってきまーす」と出てきて、
なぜか2時間ここにいるんだもん。

Img_3639gangouji.jpg

お嬢さんのまわりには、この日もたくさんのお友達&お客さま
今日も楽しい一日だったね、たーさん♪

00:00 | 奈良の御寺・御社 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。