**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

奈良市写真美術館「大和路巡礼」

Img_3836shashinbijyutukan.jpg

奈良市写真美術館で開催中の展覧会
「入江泰吉 大和路巡礼Ⅴ-山の辺・宇陀・吉野」へ
行ってきました。

Img_3858shashinbijyutukan.jpg

5回目となる今回の大和路巡礼は、山の辺、宇陀、吉野と
入江氏のたどられた足跡を見つめなおす作品が並んでいます。

のどかな農村風景を写しだしたモノクロ写真、凛とした空気をまとう
仏像の美しさ、清澄感に満ちた山間の古寺・・・

今回とても印象的だったのは、山の辺の道の端に佇む野の仏たち
石位寺の石仏は、白鳳時代に作られたわが国最古石仏。
室生寺の金堂前にある「軍茶利明王石仏」は、奈良はもとより
日本でもめずらしい種類の石仏なのだとか。

明王像でありながら、おだやかで親しみのある表情を見ていると
気持ちがほっとほぐれるようです。

神話と伝説に彩られた山の辺、万葉集ゆかりの宇陀、悲劇の歴史の
舞台となった吉野。
心の中に描き出された歴史のイメージと、写真の風景とが重なり合う瞬間を
味わい楽しみながら鑑賞しました。

Img_3837shashinbijyutukan.jpg

写真美術館からみえる高円山も、もうすっかり夏色♪


奈良市写真美術館 「入江泰吉 大和路巡礼Ⅴ-山の辺・宇陀・吉野」
               ・~6月26日(日)まで

00:00 | 博物館・美術館 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。