**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

映画“ブッダ”

      Img buddha_front

映画ブッダを観てきました。

手塚さんが生前著書や雑誌への寄稿、対談で語った「ことば」を集めた
『手塚治虫 未来へのことば』の中で、「ブッダの読者に対して、どう
いうことを訴えようとされているのでしょうか?」という問いに、手塚
さんは、

自分の守備範囲とか分野では、自分なりに処理しなければならない責任
があるということ、「分を知れ」ということですかね。


とお答えになっている。

映画をみて、正直少しがっかりしました。
あの作品のスケールの大きさが、ぜんぜん感じられなくて・・・

映画「ブッダ」は3部作で、今回の作品はその第1部。
2部、3部を通して、手塚さんの言葉は表現されるのかしら。

00:00 | 日々是好日 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。