**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

源氏の庭

七月になると祇園祭一色の京都の町。
コンコンチキチン♪コンチキチン~♪と、町に流れる祇園囃子の
BGMに気分も盛り上がります。

祇園祭の頃になると、そろそろ見頃かしらと気になるのが
廬山寺(ろざんじ)の桔梗。

Img_5048genji.jpg

先週、京都へ出かけましたおり、源氏物語ゆかりの廬山寺に
行ってまいりました。

Img_5075genji.jpg

涼やかに揺れる桔梗の花

Img_5041genji.jpg

Img_5071genji.jpg

現在、廬山寺の建つこの地は、紫式部邸宅跡で「源氏物語」「紫式部日記」の
ほとんどは、ここで執筆されたのではないかといわれています。

Img_5065grmji.jpg

白砂と苔の緑が配された源氏の庭は、平安朝の庭園の「感」を表現したものだそう。

Img_5068genji.jpg

“桔梗”は、源氏物語に出てくる“朝顔”の花のこと。

Img_5053genji.jpg

紫式部にちなみ植えられた紫の桔梗。
楚々とした花の姿が、源氏物語の風雅な世界に誘ってくれます。

廬山寺 ・京都市上京区寺町広小路上る ・075-231-0355
さて、最近 乙女部で活発に活動しているのが
「乙女部古典をたしなむ会?」(ふたりだけだけど。笑)

Img_4174genji.jpg

                   Img_4610genji.jpg
                   Img_4612genji.jpg

すずねえさんからお借りした『あさきゆめみし』を読み
『夢の浮橋』byTAKARADUKAで盛り上がる・・・

情緒的な美の世界にひたりながら、おやつを食べるという
とっても内容の濃い活動をしております。

Img_5129goecyan.jpg

「ぐーたらで、あはれな感じですね。」

そうよ、ゴエちゃん。
「もののあはれ」こそ、源氏物語の世界なのよ~^^


00:00 | 京都 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。