**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

祇園祭囃子

  Img_5149gion.jpg

コンチキチン~♪の鐘の音が、京の町を包む祇園祭。

Img_5147gion.jpg

17日の山鉾巡行で先頭を行く「長刀鉾」の周りは
厄除けの護符や粽を求める人で大賑わい。

Img_5153gion.jpg

こちらは菊水鉾。鉾頭に金色の菊花をつけた華やかな鉾。

Img_5152gion.jpg

鉾を飾るのは絢爛豪華な西陣織やゴブラン織りのタピストリー。

   Img_5146gion.jpg

巨匠たちの手による作品も多く“動く美術館”といわれるとおり
懸想品のすばらしさに目を見張ります。

すべての山鉾を見て回りたかったのですが、この猛暑で室町通りあたりで
ギブアップ。。。。
続きは来年の楽しみにしましょう。


郭巨山、霰天神山の胴掛の原画は、上村松篁、淳之画伯が
手がけられたものだそうで、8月2日から松伯博物館ではじまる
「涼を描く~祇園祭と上村家」で展示が予定されています。

00:00 | 京都 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。