**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

アフロヘアの仏さま

Img_5662gogouin.jpg

乙女部、この日もうひとつの目的は、奈良倶楽部さんのお隣にある
思惟山 五劫院の「五劫思惟阿弥陀仏坐像

以前から「アフロヘアの仏様に会いたい!」と話していた
たーさんに、ぜひ見せてあげたかった仏様。

Img_5707gogouin1.jpg

“五劫思惟”とは、人智では、計り知れない永い時間、ただひたすら思惟を
こらして修行されている姿。

3年に一度、大磐石に舞い降りた天女が、羽衣の衣擦れでその石をすり減らし
なくなるまでの時を“一劫”というのだそうですから、“五劫”は、それが
5回も繰り返された時間。
気が遠くなるほど長いというか、想像すらできない時間ですね。
(ある本によると、ヒンズー教換算で約215億年とか!)

五劫思惟阿弥陀如来仏さまは、長い間 修行をされ、ついに菩薩から阿弥陀如来に
なられた瞬間のお姿で、その時間があまりにも長かったため、伸びた髪が
うず高く螺髪となり、さらに覆いかぶさるようになってしまったのです。

このヘアスタイルから、東大寺勧進所の五劫思惟阿弥陀仏とともに、
“アフロの仏様”として、すっかり有名になった五劫院の五劫思惟阿弥陀如来仏。

ふっくらした頬にアフロヘア、蓮華座にゆったりと座られたお姿に
愛くるしさと、ほんわかとした優しさを感じます。


*五劫院「五劫思惟阿弥陀仏坐像」特別公開
            ・ 8月1日~8月12日
             (それ以外の期間は、お電話で事前予約を。)
            ・奈良市北御門町
00:00 | 奈良の御寺・御社 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。