**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

Vegetable Flower

今年の夏も元気をいっぱいくれた畑の野菜たち。

夏はできるだけ涼しい朝夕に畑に行くのだけれど、朝の畑は
キラキラとした光をうけて咲き始めた かわいい花が迎えてくれる。

Img_5911yasai.jpg

うつむきかげんに咲く この白い花は、万願寺とうがらしの花。

星の形の花の中に、グレーのおしべ。
白い花びらとのコントラストが、とってもしゃれていて
ついつい近づいて、じっと見つめてしまうのです。

Img_5912yasai.jpg

丸いたまごのようなつぼみが、ぱっとはじけるように咲くとうがらしの花。

Img_5909yasai.jpg

アップに写しているけど、1センチちょっとのとっても小さな花なんですよ。


Img_5918yasai.jpg

純白のレース模様のようなこの花はニラ。
そう、ちょっとニオイのあるあの野菜。

中華料理や韓国料理で使われるイメージがつよいけど、日本でも古くから
栽培されていたらしく「日本書紀」では 計美良(かみら)、「古事記」では
加実良(かみら)、「万葉集」では 久久実良(くくみら)と記されているそう。

計、加、久は、いずれも“辛い”という意味で、古代のニラはかなり
刺激が強かったのでは?と考えられているんですって。

Img_5917yasai.jpg

この白い花も、天ぷらやスープに使うことができるのだとか。
まだ食べたことがないので、今度やってみよう。


Img_5905yasai.jpg

夏の畑で、ひときわ華やかなのが、オクラの花。
クリーム色の花の中にワインレッドの花芯が、なんともいえず美しくて
花全体が、エキゾチックな雰囲気。

Img_5732yasai.jpg

オクラの花は一日花。午前中でしぼんでしまうのでキレイな姿は
はほんの一瞬。
花が落ちた後、2、3日後に美味しいオクラの実が収穫できるの。

Img_5906yasai.jpg

ツンっととがったスマートなオクラ
貴婦人の指“レディースフィンガー”と呼ばれているんですよ。


土の中は、寒い季節は ほかほか温かくて、夏になると心持ひんやり。
ちょっぴり心が疲れた時も、畑に行って土にさわっていると
いつのまにか元気になっているから不思議。

畑仕事は、私の元気の源かな^^
00:00 | 花便り | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。