**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

艶やかな美しさ

Img_5958yamatobunka.jpg

昨年、開館50周年をむかえた大和文華館では、
記念の特別企画展Ⅲ「漆工展」が開催されています。

中国、朝鮮、日本、タイといった東洋の漆工の名品を集めた展覧会。

Img_6155yamatobunka.jpg

金銀の草花が細やかに施された日本の蒔絵は、華やかな中にも繊細で
季節感あふれる日本ならでは美意識をみることができます。

漆を厚く塗り重ね文様を彫刻した堆朱が好まれた中国。
大胆なモチーフと彫刻の美しさに目を奪われました。

文様の形に切った貝を木地全体に細かく貼って漆を塗って研ぎ出す技法で
作られた朝鮮の螺鈿は、日本の螺鈿と趣が違い、煌びやかで華やか。

漆器といってもそれぞれの国で好まれた技法や文様はさまざまで
その表現もこんなに多様なのですね。

漆の持つ艶やかな美しさ。
透明感のあるあたたかな漆黒の世界は、本当に魅力的。

9月8日から特別展示として、
京都 北村美術館蔵の「螺鈿牡丹唐草文経箱(重文)」の展示(10月2日までが
はじまります。これは絶対見逃せませんよ^^


大和文華館 開館50周年記念特別企画展Ⅲ「漆工展」
          ・2011年8月13日(土)~10月2日(日)
          ・奈良市学園南1-11-6
     

00:00 | 博物館・美術館 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。