**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

『心星ひとつ-みをつくし料理帖-』

高田郁さんの「みをつくし料理帖」シリーズ。
大好きな時代小説です。

Img_6110miotukushi.jpg

主人公の澪ちゃんは若い女料理人。
幼い日 水害で両親を失い、大坂の料理屋「天満一兆庵」に奉公
その後 天満一兆庵のご寮さんと一緒に江戸へでて、いまは「つる家」という
料理屋で腕をふるっている。

厳しい世間の風に傷つき、つらく悲しい思いもたくさん経験しながら
温かいひとたちに支えられ成長してゆく澪ちゃん。
健気にがんばる澪ちゃんの姿に、心があらわれていくよう。

澪ちゃんをとりまく大人たちの、芯の通った生き方、料理人としての姿勢
人として大切なことをきちんと伝えようとする深い愛情にも心うたれます。

そしてなによりも、お話にでてくるお料理の描写がすごく丁寧で
本当に美味しそうなんです。
ふわっとたちのぼる湯気や、お出汁のいい香り、旬の食材の味や
食感までも感じるくらい。

季節感あふれるお料理の名前もとってもすてき。
あー私も澪ちゃんのお料理に胃袋をわしづかみにされたい!(笑)

    Img_6112miwotukushi.jpg

大きな大きな展開をみせた「みをつくし料理帖」シリーズ最新作
『心星(しんぼし)ひとつ』

澪ちゃんは?小松原さんは?源斎先生は?
これからどうなっちゃうの~~!!
早く続きが読みたーい(>_<)


*高田郁著 ハルキ文庫 
             「八朔の雪   みをつくし料理帖」
             「花散らしの雨 みをつくし料理帖」
             「想い雲    みをつくし料理帖」
             「今朝の春   みをつくし料理帖」
             「小夜しぐれ  みをつくし料理帖」
             「心星ひとつ  みをつくし料理帖」

00:00 | 日々是好日 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。