**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

織部好みの茶室「八窓庵」

Img_6687cyashitu.jpg

千利休の高弟で利休の死後茶の湯の世界で活躍した七哲のひとり
古田織部。その古田織部好みといわれる茶室「八窓庵」が、
奈良国立博物館の庭園にいまも残されています。

昨年、屋根の葺き替えや壁、床の大規模な修繕が行われ
八窓庵周辺のお庭もずいぶんきれいになりました。
先日「茶室・八窓庵をのぞいてみましょう」という催しが行われましたので
奈良倶楽部さんをお誘いして行ってきました。

Img_6623cyashitu.jpg

この日は、嬉しいことに茶室内に上がらせていただくことができました。
写真撮影もOK!
お茶をたしなむお友達が多いので、今日はちょっと詳しく説明しますね。

Img_6633cyashitu.jpg

奈良国立博物館にある「八窓庵」は、もとは江戸時代に興福寺の門跡
大乗院の庭園に建てられた「含翠亭」(がんすいてい)で、東大寺四聖坊の
「八窓の席」(東京に移築 戦火で焼失)、興福寺の塔頭慈眼院の
「六窓庵」(東京国立博物館に移築)とともに、大和三茶室のひとつに
数えられている名茶室。

江戸時代中期に造られ、明治に入り大乗院が廃寺になってから民間所有を
経て、のちに篤志により奈良国立博物館に寄贈されました。

Img_6674cyashitu.jpg

こちらは心字池の辺に建てられた腰掛待合。

Img_6661shashitu.jpg

茶室にはいるまで、こんな風に吹き抜け窓からの風情を楽しみながら
待っていたのでしょうね。

Img_6619chashitu.jpg

入母屋造茅葺き、草庵風の「八窓庵」
八窓庵の特徴のひとつが、壁の中央にある躙口(にじりぐち)
躙口から一歩はいると、正面むかいに点前座があるというつくりに
なっています。

利休がほの暗い茶室を好んだのに対して、織部は八窓といわれる
明るい茶室を作りました。

Img6622cyashitu.jpg

躙口のある東正面に、連子窓と下地窓。
貴人席側に連子窓と下地窓。
点前座正面に風炉先窓と勝手付に色紙窓が上下にふたつ。
そして床の間に織部創作とされる墨蹟窓が設けられ
茶室から見た窓の数は全部で八つ。
これが「八窓庵」の銘の由来になったのですね。

席は三畳台目に、床と貴人畳を付した四畳台目。

Img_6641cyashitu.jpg

上座と下座にはっきりと二分され、天井もそれに対応して
中柱通りで蒲の平天井と掛込天井(化粧屋根裏)に分けられ
席中に貴人座と相判席の区別をつけています。

めったにない機会なので、点前座に座らせていただきました。

Img_6649cyashitu.jpg

赤松のしゃれ木を使った中柱(台目柱)
袖壁の内側には二段の雲雀棚(ひばりだな)

炉は台目切の本勝手で、切り込んだ炉壁は“土塗り”という
いまどきなかなかお目にかかれないもの。

Img_6653cyashitu.jpg

茶室のほかに四畳の合間と三畳の水屋があって
外から見るより明るくて広々とした印象。
こちらで開かれたお茶会でお手伝いしたお友達の話によると
「とても使いやすいお水屋だった」そう。

この水屋の流しに、無造作に置いてあるのは・・・

Img_6670cyashitu.jpg

大乗院にあったころの「含翠亭」の名残の扁額。
この額 とても貴重な古材なんだそうです。

Img_6659cyashitu1.jpg

以前は、奈良博観覧時に自由に見学できた八窓庵ですが、いまはまだ
整備の途中ということもあって、八窓庵もお庭も普段は館内からしか
眺めることしかできません。

茶道、香道などの催しには、一般の方も利用できるそうなので
機会かあったらおよばれしたいな♪

Img_6669cyashitu.jpg

2008年の春、桜の季節にお茶会の下見に「八窓庵」に来たときの
記事はこちらです。→


00:00 | 奈良を楽しむ | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。