**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

新食感^^

Img_7132daifuku.jpg

東大寺参道にある「森奈良漬店」
刻み奈良漬や大和三尺きゅうり漬など、おいしい奈良漬で
知られる老舗の奈良漬屋さん。

先日お店の前を通ると、店先に奈良漬と一緒ににちょっと
変わったものが並んでいました。

奈良漬入り「ひとくち大福」

Img_7130daifuku.jpg

お餅の中に酒かすと刻んだ奈良漬がはいったかわいい大福
ひとくち食べると、甘い酒かすの香りがお口の中にふわっ~♪

お酒は飲めないのだけど、奈良漬は大好き!(ただし甘くないもの。)
以前、乙女部のすずさんからいただいた奈良漬ケーキも美味しかったけど
こちらの「ひとくち大福」も、なかなかイケるかも。



もひとつ、最近のお気に入りは、

柿の専門 奈良吉野いしい「柿日和(かきびより)」

Img_7026kaki.jpg

吉野特産の富有柿を厚くスライスして、じっくり干しあげた柿のお菓子。
お菓子といっても柿そのままの自然な甘味で、干し柿よりもあっさりとして
いるので、柿なますやサラダ、お菓子の材料としても使える便利もの。

この「柿日和」を教えてきれたのは、お江戸の友達。
東京日本橋にある「奈良まほろば館」で見つけたそう。
奈良にいると、奈良のアンテナショップ、お土産やさんをのぞくことがないので
県外からのお客様の方が、美味しいものの情報をよくご存知かもしれませんね。



森奈良漬店 ・奈良市春日野町23 ・TEL:0742-26-2063
       
柿の専門 奈良吉野いしい ・奈良県五條市西吉野町八ツ川 
              ・TEL:0747-34-0518
       
00:00 | お気に入り | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。