**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

大極殿へ

Img_7379daigokuden.jpg

奈良は5年半ぶりという母。昨年の平城遷都1300年祭にも
来寧できなかった母は、テレビに映る煌びやかな“大極殿”を見て
奈良への思いを募らせていたそう。

Img_7378daigokuden.jpg

近鉄電車の中から見た大極殿は、近くに寄ると想像以上の大きさで
目の覚めるような朱色の柱、光り輝く鴟尾の美しさに圧倒された
ようでした。

Img_7375daigokuden.jpg

大極殿内に入ると高い天井を見上げ、天井格間に描かれた蓮華文や
上村淳之画伯の四神、十二支を、ボランティアの解説を聞きながら
見学。

ゆっくりと歩いて朱雀門まで。
平城宮の広さをあらためて実感するとともに、古人が歩いた都大路が
1300年の時を超え、いま自分の足元にあることの不思議さを感じます。
それは母も同じだったよう。

奈良の歴史にあまり関心のなかった母ですが、平城歴史館のVRシアターで
再現された平城京の都の町並みを見て、ぐっと興味がわいたようでした。

大極殿も平城歴史館も、昨年のにぎわいがうそのようにひっそり。

Img_7372daigokuden.jpg

平城遷都1301年、節目の年の祭典は終わってしまったけど、今なら
ゆっくりと時間をかけて見学できますし、何にもない平城宮跡で
悠久の都に想像をめぐらせるのも楽しいかも^^


*平城宮跡第一次大極殿(無料) ・開館時間9:00~16:30
 平城歴史館(有料) ・9:00~16:00(最終入館)
00:00 | 奈良を楽しむ | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。