**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ドナルド・キーンさんの記念館

12月初旬、うれしいニュースがありました。

東日本大震災を受けて日本への永住を決めた日本文学研究者の
ドナルド・キーンさんの記念館が、私のふるさとにつくられることが
決まったのです。

ドナルド・キーンさんは、柏崎市を舞台にした人形浄瑠璃の資料がイギリスに残されていることを紹介し、これをきっかけに柏崎市でおよそ300年ぶりに浄瑠璃が上演されたことが縁で、記念館がつくられることになりました。3日は、キーンさんが柏崎市を訪れ、展示する蔵書などの目録を記念館の建設を手がける地元企業の関係者に手渡しました。記念館は、企業が研修に使っている建物の2階部分およそ300平方メートルを利用して、再来年の秋ごろに完成する予定です。ニューヨークにあるキーンさんの書斎を再現し、1700冊余りの日本文学の蔵書や、実際に使っていた家具などが展示されるということです。キーンさんは、東日本大震災を受けて日本国籍を取得したうえで日本に永住することを決めていて、記念館の建設について「身に余る光栄で、大変感謝しています」と話していました。



本当に嬉しいニュース。
再来年の開館が楽しみです。

Img_8371hon.jpg

今年読んだ司馬遼太郎氏との対談集「日本人と日本文化」


三回の対談のうち、最初の対談は奈良平城宮跡を見学されたあと
奈良市内でおこなわれました。
日本文化の源流である奈良を語ったお二人の対談は、なかなか
読み応えがあります。

キーンさんの言葉ひとつひとつに、日本への深い思いを感じます。

00:00 | 日々是好日 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。