**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

奈良筆

「奈良筆」は、墨と並んで奈良の伝統産業のひとつ
奈良旅行のおみやげに、筆を買っていかれる方も多いようですね。

筆には 馬毛、鹿毛、狸毛、テン毛、イタチ毛などの獣毛を使ったのも
鳥毛や藁、竹などで作られているものなど素材は千差万別

私がいま気に入って使っているのが「たま毛」の筆
「たま毛」って知ってますか?
名前からも、なんとなく想像できると思うのですが、
「たま毛」は猫の毛のことで、猫毛の筆のことを「たま毛」筆というんです。

昨年、奈良町にある「なら工芸館」で開かれた「奈良工芸フェスティバル」では
「奈良筆」の実演を見せていただきました。

単一素材で作られているだけでなく、色々な毛を混ぜることにより
毛の硬さや墨の含みの違いが微妙に違ってくるそうです。
その毛を混ぜる分量や混ぜ方(練り混ぜ)の技を見せていただきましたが
数種類の毛を少しずつとって混ぜる作業を、何回もくり返し
均一に混ぜていくのですが、その手仕事のあざやかなこと!

奈良筆の伝統工芸士さんは、10人ほどいらっしゃるそうですが
ご高齢のため第一線から退かれた方もいて、
いまはもう少し少なくなっているのだそうです。

私がお話させていただいた奈良筆の伝統工芸士さんは、まだお若い女性
お父様の跡を継いで、家業の筆作りの技を受け継いでいらっしゃいます。
その彼女が、私にすすめてくれたのが猫毛の「たま筆」

猫の毛の先に近い部分には、ぷっくりと玉のようにふくらんだ部分があって
墨をつけたとき、他の筆に比べその部分により多くの墨を含むため
墨のもちがよく、墨つぎをあまりしなくても一気に書けるという利点があるのです。

そしておもしろいのが、書き味がとても“ねちっこい”こと
筆を運ぶときに最後までネトーっと付いてくる感じ
「書き味も、ねこちゃんぽいでしょ、笑」と工芸士さん^^

猫毛でも、白い毛(白たま)と黒っぽい毛(黒たま)、黒白まざった毛で
少しずつ書き味が違って とてもおもしろいんですよ。
ちなみに犬の毛は柔らかすぎて、毛筆には向いていないんだそうです。






00:00 | 奈良の伝統工芸 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。