**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

モノトーンの仏像に魅せられて・ 西村幸祐展

Img_8677kirie1.jpg

「没後20年 入江泰吉の東大寺」展と同時に、奈良市写真美術館の
ギャラリーでは、切り絵作家・西村幸祐さんの展覧会が開催されています。

Img_8676kirie.jpg

以前から、西村さんの表現されるモノトーンの世界にとても興味を
持っていたので楽しみにしていた展覧会。

Img_8667kirie.jpg

今回は「入江泰吉の東大寺」展にあわせ、東大寺の仏像やお水取の切り絵
作品を展示されています。

Img_8674kirie3.jpg

光と影によって生み出される仏の表情の美しさ。

Img_8671kirie.jpg

西村さん独自の“線”による表現は、仏像の存在感をより際立たせ
黒の空間に無限の宇宙を感じるよう。

Img_8668kirie.jpg

              Img_8673kirie.jpg

京都で染めてもらっているという漆黒の和紙
初期に手がけられた「南大門の金剛力士像」も、年月を経るうちに
少しずつ色が変化し、作品自体が時間とともに“育ってきた”と
慈しむように話して下さったのが、とても印象的でした。

Img_8672kirie4.jpg

こちらの作品は、和紙を染めていらっしゃる作家さんとの
コラボレーション作品

実際 お寺での仏像の撮影やスケッチは難しいため、著作権などを
クリアして作品を創作していらっしゃるそう。

Img_8670kirie.jpg

写真家の小川光三先生の写真に魅了され、先生の作品を参考にされる
ことがが多いそうですが、著作権の問題、仏像についても
小川先生から教えをうけていらっしゃるそうです。

東大寺に近しいお寺ということで、唯一 他寺の仏像作品がこちら。

      Img_8679kirie.jpg

西村さんが手がけられた「奈良マラソン2011」の参加賞のTシャツ
新薬師寺の伐折羅像ですね。


展覧会の期間中、「切り絵体験」のワークショップも開かれています。
(HPの開催日のほか、西村さん在廊の時にご指導いただけるそう)

私も“弥勒半跏像”の切り絵に挑戦。
すごく集中できる楽しい時間でした。で、作品はというと・・・
ま、それはのちほど^^

「切り絵で見る古都奈良の魅力 切り絵作家 西村幸祐展」
             ・奈良市写真美術館
             ・2012年1月2日(月)~1月15日(日)
             ・午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
             ・観覧無料
             ・ワークショップについては美術館のHPをご確認ください。
             ・西村幸祐さんのブログはこちら→ 
12:00 | 博物館・美術館 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。