**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

『詩ふたつ』

Img_8720shifutatu.jpg

美しい本に出会いました。
長田弘詩 グスタフ・クリムト画『詩ふたつ』

この詩集は、長田弘さんの「花を持って、会いにゆく」
「人生は森のなかの一日」の詩二編と、クリムトの風景画からなる
一冊の本です。

美しい絵と優しい言葉・・・

この絵本を知ったのは父の入院中でしたが、父が亡くなってすぐ
本屋さんで求めました。

親しい人の死がもたらす深い悲しみ、どうしようもない喪失感
そしてあらためて気付かされる“絆”
心に語りかけてくれるような優しい言葉で紡がれた長田さんの詩は
読むたびに体の奥に静かに沁みこんできます。

詩と対になっているクリムトの絵がとても素敵。
クリムトの絵というと煌びやかな肖像画が浮かんできますが、
生涯で50点あまりの風景画も残しているそうで、この絵本の中の
クリムトの絵は、樹木や四季の花々が瑞々しく描かれ
静かな時間の流れを感じさせてくれます。

・・・・

父が逝って4ヶ月が過ぎました。
悲しみは時間とともに 少しずつ癒されていくものと思っていましたが
そんなことはありませんね。

こころの中に広がった喪失感はなにをもっても埋めがたく
いまもすぐ涙してしまうのですが、それでも以前よりもずっと
父を身近に感じることができるのです。

00:00 | 日々是好日 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。