**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

奈良国立博物館「解脱上人 貞慶展」

Img_1166narahaku.jpg

鎌倉時代前期に活躍した僧・貞慶の活躍を紹介する展覧会
「御遠忌800年記念特別展 解脱上人 貞慶‐鎌倉仏教の本流‐」
奈良国立博物館で開かれています。

興福寺で学僧として活動し、エリート僧として将来を
期待されながらも興福寺を去り、笠置寺、海住山寺へと移り
由緒あるお寺の復興や仏教の再生に努めた貞慶さん。

南都の復興に大きく貢献したにもかかわらず、ほとんど
知られていない高僧です。
私も今回の展覧会ではじめて“貞慶さん”を知りました。

今年は貞慶さんの800年御遠忌にあたり、この展覧会では
貞慶さんが生きた時代、鎌倉仏教の本流を顧みて、貞慶さんの
魅力をたくさんの人に知ってもらおうという展覧会です。

Img_1455narahaku.jpg

「貞慶展」のポスターには“ストイックでアクティブ!”と
ありますが、確かに戒律を守ることに厳しい貞慶さんは
阿弥陀仏だけを信じ、阿弥陀仏の念仏を唱えるだけで
救われるという法然一派を強く批判したり、積極的に
寺院の整備にあたるなどとても行動的ですが、この展覧会では
“ストイックでアクティブ!”という現代的な言葉とは
ちょっと違う印象を受けました。

「お経の声が小さい」と指摘されたというエピソード、
唐招提寺の釈迦念仏会で唱えられる「釈迦念仏会願文并諷誦文」
など大変な名文家であること、そして書もすばらしいこと、などなど・・・
信仰心が深く、本当に真面目で高い志を持っていたことが
よくわかります。

戒律を大切にし、釈迦如来 弥勒菩薩 観音菩薩 春日明神を
とりわけ深く信仰した貞慶さん。

今回 出展された展示品をみると、興福寺、笠置寺、海住山寺
だけでなく、春日大社、東大寺、唐招提寺、薬師寺、法隆寺、
新薬師寺、海龍王寺、、伝香寺、能満寺など、とてもたくさんの
神社仏閣と関わってきたことに驚きました。

いまも残る法会の中には、貞慶さんがはじめたことも
あるのですね。

Img_1171narahaku.jpg

今回の展覧会“音声ガイド”がとても良かった。
ナレーションは、元NHKアナウンサーの加賀美幸子さん。

解説件数は22件なのですが、前後の関連する展示品についての
解説もあったり、そのひとつひとつの内容がとても詳しく
わかりやすかったのです。

ぜんぜん知らなかった貞慶さんのこと、加賀美さんが
易しく解説してくださいます。500円の価値は十分!
“音声ガイド”おすすめです^^

*奈良国立博物館  ・2012年4月7日(土)~5月27日(日)

   「御遠忌800年記念特別展 解脱上人 貞慶‐鎌倉仏教の本流‐」

 ・この展覧会は規模を変えて、神奈川県立金沢文庫でも開催されます。
   (会期:平成24年6月8日~7月29日)
   
      
00:00 | 博物館・美術館 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。