**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

チキンナゲット

Img_2001nagetto.jpg


お弁当のおかずに大人気のチキンナゲット
フードプロセッサーを使うと、すごく簡単にできちゃうので
鶏肉の安い時にたくさん作って、冷凍ストックしています。

チキンナゲット(約12個分)

 たね ・鶏ささみ  5~6本(約300g)
     (塩麹大さじ2をまぶして、しばらくおく)
    ・玉ねぎのするおろし 大さじ1
    ・マヨネーズ  大さじ2
    ・カレー粉   小さじ1

 衣  ・小麦粉  大さじ6  
    ・ウスターソース、とんかつソース 各大さじ1/2
    ・トマトケチャップ  大さじ4
    ・水 大さじ5
 揚げ油 適宜

①鶏ささみは白い筋を取りのぞき、塩麹をまぶしてしばらくおく。
 粗くきざんで、さらに包丁でねっとりするまでたたきボールに入れる。
 玉ねぎのすりおろし、マヨネーズ、カレー粉を加えて、よく混ぜ
 1/12量ずつ小判型にまるめる。

②フライパンに油を高さ2センチくらいまで入れ、中温に熱する。
 バットに衣の材料を混ぜ、①をからめながら油にいれ、きつね色に
 なるまで2分ほど揚げる。

Img_1996nagetto.jpg

私は①のたねを作るのは、フードプロセッサーでガーッと一気に
やっています。このとき最初に玉ねぎを細かくしておいた方が
よさそうです。

もちろん塩麹がなければ、お塩だけでも十分です。

マヨネーズは柔らかく仕上げてくれるので、量はあまり減らさない
方がいいですが、カレー粉はもう少し少なくてもいよいかも。

このチキンナゲットのレシピは、雑誌にのっていたレシピを参考に
していますが、衣に使うソースは中濃ソース大さじ1だったものを
ウスターソース、とんかつソースの2種類使うように変えています。
関西では中濃ソースってあまり使いませんものね。
   
ウスターソースだけ、とんかつソースだけでも作ってみましたが
やっぱり両方半分ずつ使うのがいいみたい。

この衣はこげやすいので、高温にならないように気をつけて!

いつもは鶏のささみを使いますが、鶏のむね肉が安い時には
むね肉を使って作ったりします。

ささみを使うと柔らかくふんわりできますし、むね肉だと
しっかりめにできるのでボリュームがでます。
男の子は、むね肉で作った方が好きみたい。

00:00 | 小さな食卓から | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。