**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

瀬戸内の旅~その1 鞆の浦

Img_2171tomonoura.jpg

先週末、くろやぎさんと瀬戸内海の町 鞆の浦~尾道を
旅してきました。

Img_2193tomonoura.jpg

“ポニョ”で広く知られるようになった鞆の浦は、
ちいさな島々が浮かぶ瀬戸内海の港町。

瀬戸内海の中央にあり潮の流れが変わるところであるため
万葉の時代から潮待ち、風待ちの港として、その歴史を
育んできました。

とくに江戸時代は、国内外の交易で栄え、歴史に名高い旧跡が
いまも多く残されています。

pagetomonoura3.jpg

町を歩いていると、そこかしこに立つ小さなお社。その前には
「氏神様の前につき駐車ご遠慮ください。」の立て看板。
自然の神様を大切にする鞆の浦の人たちの信仰心と優しさは
どこか奈良と似ているような気がします。

なまこ壁の古い建物 石畳の細い路地、昔の風景がいまも
静かに息づいている素敵な町。

Img_2199tomonoura.jpg

晴れた日には、遠くに四国の山々が美しくそびえ立つ景色が
見られるそうですが、あいにく私たちが到着した日は小雨が降っていて
空も海も真っ白。
雨男&雨女の雨雨夫婦、ふたりで出かけるといつもこう。。。

夕日をうけてきらきらと輝く海を期待していたけど、
残念ながらそれはかなわず。

pagetomonoura2.jpg

でも5月は鯛漁の最盛期!
鯛めし、鯛茶漬け、鯛のお造り、鯛のかぶと煮と鯛尽くしの料理を
お腹いっぱい頂きました^^

Img_2158tomonoura.jpg

龍馬さんの面影をたどったり、万葉集にうたわれた“むろの木”を
訪ねたりと、様々な歴史に彩られたの鞆の浦を訪ねた旅。

奈良との縁も少なからず感じるような出会いもありました。
それはまた明日。


00:00 | 日々是好日 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。