**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

「うつわ文居」

今年の春、JR奈良駅のちかくにオープンした「うつわ文居」さん。
現代作家のうつわが並ぶ素敵なギャラリーで、うつわ好きには
たまらないお店です。

Img_2455utuwa.jpg

5月22日から27日まで催されていた『服部克哉 村山朋子
真泥 陶二人展』にお伺いいたしました。

Img_2265utuwa.jpg

舞鶴に窯を構えご夫婦で作陶されているおふたり。
やわらかな粉引、ざっくりとした灰釉、ジャープな焼き締め
そして繊細な染付け・・

いろいろな器を手がけていらっしゃいますが、どれもぬくもりのある
やさしい風合い。
お若いのにとても落ち着いた渋い作風が魅力的です。

Img_2262utuwa.jpg

私がいつも惹かれるのは“身の丈にあった日常使いのできるもの”

Img_2264utuwa.jpg

どんなにデザインがおしゃれで素敵なものでも、自分の暮らし向きに
あわないものは見るだけの楽しみにしているのだけど、服部さん村山さん
おふたりのつくられるうつわには、普段の生活にさりげなく彩りを添えて
くれる大らかさがあって、我が家に持ち帰りたいものばかり^^

Img_2266utuwa.jpg

マットな質感が素朴だけど、すっきりしたしのぎのラインに一目ぼれした
服部さんの花入れと、野の花のように可憐な村山さんの染付けの花器を
ふたつ持ち帰りました。
こういう出会いって嬉しいなぁ。


「うつわ文居」さんのオーナーさん は、それはもう無類の“うつわ好き”

見た目のよさだけではなく、生活の中で愛用することによって
使い心地よさ、使うほどに愛着のわく器を紹介してくださっています。

「うつわ文居」さんのブログはこちら
(写真がとっても素敵なの♪)

うつわ文居  ・〒630-8244 奈良市三条町493 本家菊屋 奈良三条通店2F
        ・営業時間 11:00~17:00
        ・定休日  火曜、水曜、木曜日

00:00 | お気に入り | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。