**「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」のおしらせ**

奈良は歴史ある寺社仏閣も多く、趣のある奈良町の佇まいも
着物がすっと溶け込むように似合うところ。
日本の美しさをまとって、奈良の町を歩いてみませんか。

女子力UP!ぷろじぇくと「乙女部着付け教室IN奈良の町家!」

モダンでシックな着こなしで人気の森田空美先生
森田先生のもとで、長年レッスンをされている講師による
奈良で唯一の“森田流”着付け教室です。
着付けレッスンのお申込みは随時受付しております。
一日体験レッスン、見学もお気軽に。
お申し込み及び、お問い合わせは下記アドレスまで。

         shiwon_mahoture@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

大和文華館*笹百合の花

Img_2453bunkakan.jpg

日本を中心に中国、朝鮮、ベトナムなど東洋の古美術作品の
コレクションで知られる大和文華館

Img_2428bunkakan.jpg

2000件あまりのコレクションの中から国宝4件を含む
大和文華館を代表する名品の展覧会が開催されています。

後期の展示がはじまった5月22日からは、雪村周継筆の「自画像」
「呂洞賓図」「花鳥図屏風」が揃ってお目見えするとあって
楽しみにしていました。

流釉が独特の景色を見せる高取の水指、仁清の色絵おしどり香合
蒔絵萩文香合などは、年に一度はお目見えする優品ですが
美しいものは何度見てもいいですね。

「大和文華館が奈良にあってよかった」
来るたびにそう思わせてくれる美術館です。

Img_2445bunkakan.jpg

さてこの季節、大和文華館には楽しみなことがもうひとつ。
庭園・文華苑に咲き始める笹百合の花。

Img_2438bunkakan.jpg

透明感のある淡いピンクの花びら
瑞々しい緑の中に、楚々とした花姿が本当に美しい。

Img_2441bunkakan.jpg

Img_2444bunkakan.jpg


「大和文華館名品展-コレクションの歩み-」は、6月24日(日)まで。
展覧会の間、笹百合の可憐な花を楽しむことができそうです。         


00:00 | 博物館・美術館 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。